企業がE(Environmental 環境)、S(Social 社会)、G(Governance
企業統治)といった課題に適切に配慮すること。これに則った責任
投資を行うことを宣言したものが「責任投資原則(PRI)」である。