日本パブリックリレーションズ協会について

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会(略称:PRSJ)は、設立以来、時代に即したパブリックリレーションズのあり方を求め、日本におけるパブリックリレーションズの啓発・普及を図る活動を行っています。

1980年に、それまでの企業広報担当者の集まりであった日本PR協会とPRを支援する立場の日本PR業協会が統合され、任意団体の日本パブリックリレーションズ協会として新たに発足。
1988年に社団法人として認可された後、2012年に内閣府より公益社団法人として認定されました。

企業・団体の広報担当者とPR業が会員として共存しているという特徴を活かし、互いのPRに関する知識やノウハウを共有し、実際の広報PR活動に役立てるとともに、次代を担う広報・PRパーソンの人材育成にも積極的に取り組んでいます。

PRパーソンが互いに
切磋琢磨し、協力する場

PRSJ の会員は、事業会社とPR/PR関連業およびその社員をはじめとする幅広いPRパーソンで構成されています。

「時代が求めるPRとはなにか」、「PRが持つ課題とはなにか」、「それらとどう取り組めばよいか」について、お互いの立場から意見や知恵を出し合い、協力し合うことが、これからの日本におけるパブリックリレーションズの発展に大きな意味を持つと考えています。

参加型の組織だからできる
ネットワーキング

PRSJ は、会員自らが参加して活動を活性化していく、ボトムアップ型の組織です。
正会員及び個人会員はただ情報を一方通行で受け取るだけではなく、情報を得るために活動に参加し、自らも情報を発信します。
積極的な参加によって、必要な情報やノウハウのみならず人脈やマスメディアのキーパーソンやオピニオンリーダーを招いての講演会やフォーラムなどの行事を通じて、自らの成長に役立つ人脈を作ることができます。

パブリックリレーションズに関心をもつ人たちに向けた
開かれた活動の場

PRSJ は、様々な経験をもったPRパーソンに向けて役立つことを前提に、教育、交流、情報発信などの事業がPRパーソンたち自身によって企画・運営されます。
パブリックリレーションズの発展に関心を持つ人たちのために「いかに活用できるか」、「どれだけニーズに応えているか」、これが活動の前提です。