調べる

パブリックリレーションズとは

執筆=駒橋恵子(東京経済大学 コミュニケーション学部 教授/博士(社会情報学))

■広報・PRの定義
■マネジメント機能としての広報・PR
■広報・PR活動の5つの機能
■危機管理としての広報・PR
■近年の広報・PR課題

PRアワードグランプリ

 主 旨

パブリックリレーションズの活動事例について広く募集し、審査を通じて優秀な活動を表彰・公開することを通じ、パブリックリレーションズの質的向上に資するとともに、パブリックリレーションズに対する一層の理解促進を図る。

 エントリー案件

企業・団体が実施あるいは参加したコミュニケーション活動 (現在も継続中であれば過去の応募作品も可)

 応募カテゴリー

■ コーポレート・コミュニケーション
・顧客・社員・社会等のステークホルダーからの支持と理解を得て、企業・公共機関・団体の活動を円滑に推進し、企業等の価値向上に資するコミュニケーション活動
(成果イメージ):企業レピュテーション・企業イメージ向上の客観的なエビデンスなど

■ マーケティング・コミュニケーション
・商品・サービスの開発、市場への参入・規模拡大を望ましい形で展開していくためのコミュニケーション活動
(成果イメージ):商品・サービスの売上や話題化獲得の客観的なエビデンスなど

■ ソーシャルグッド
・企業・公共機関・団体が社会の重要な構成員として、積極的に社会的課題の解決への取組や社会貢献の推進を行うためのコミュニケーション活動
(成果イメージ):ソーシャルグッドのための活動・プログラムの認知度向上、参加者の増加などの客観的なエビデンスなど

■ その他
・企業における広報部門の組織変革、継続的な活動実施の蓄積による価値創出、調査・研究、執筆活動など、上記3つの活動の成果イメージに当てはまらないもの
(成果イメージ):それぞれの目的とそれに対する客観的なエビデンスを明記してください

 募集期間

【2019年9月2日(月)~2019年10月23日(水)17:00必着】
・早期エントリー締切:    2019年9月30日(月)までの受付記録があるもの
・最終エントリー締切: 2019年10月23日(水)17:00必着

 表彰と副賞

「グランプリ」:1 作品(表彰盾を授与)
「ゴールド」 :2 作品まで(表彰盾を授与)
「シルバー」 :5 作品まで(表彰盾を授与)
「ブロンズ」 :7 作品まで(表彰状)
 ※上記は目安であり、最終的な表彰点数は審査団の協議により決定いたします。

 エントリー方法

①「PRアワードグランプリ 2019」 エントリーフォームに必要事項を入力し、エントリーシートを添付して登録。
②エントリー完了後に、エントリー料の請求書を送付。2019年11月13日(水)までにお振込みをお願いします。

<エントリーシートのダウンロードはこちら>
プレゼンテーションボードの縦・横どちらかを選択してください。

エントリーシート:プレゼンボード縦  エントリーシート:プレゼンボード横

 

 エントリー料

会 員:10,000円+税/1エントリー(振込手数料別途)
非会員:20,000円+税/1エントリー(振込手数料別途)

 

PRアワードグランプリ特設サイトは9月に開設いたします。

 

日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー・日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー

PRに対する理解促進を目的に、毎年「PRパーソン・オブ・ザ・イヤー」を選考し顕彰していますが、2012年度から協会が公益法人に移行したことを記念して、従来の「PRパーソン・オブ・ザ・イヤー」とは別に「PRシチズン・オブ・ザ・イヤー」を新設、表彰することとなりました。この2つの部門は各々「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」と「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」と呼称し、継続して年1回顕彰していきます。

PR会社検索

協会Webサイトに「PR会社検索」を掲載しています。これは、企業・団体が、協会所属のPR会社の中から、自社のニーズに合うPR会社を探すシステムです。PR業務のパートナー選びに役立つよう、定期的に内容を更新しています。

PR用語ミニ辞典

広報・PRに関する用語集

PR関連団体

広報・PR関連団体リンク集

 

このページの先頭へ