バルセロナ原則(Barcelona Principles)

AMEC(P.67参照) と米のPR研究所IPR(Institute for Public Relations)が2010年6月に開催した「第2回効果測定に関する欧州サミット」で、AMECが提唱したPRの効果測定に関する7原則。2015年に改定され、「バルセロナ原則2.0」となった。
(1) ゴールの設定と効果測定はコミュニケーションとPRにとって重要である。
(2) アウトプットだけの測定よりも、むしろコミュニケーションのアウトカムを測定することが推奨される。
(3) 組織のパフォーマンスへの効果は測定可能であり、可能な限り測定すべきである。
(4) 量と質を測定・評価すべきである。
(5) 広告換算値はコミュニケーションの価値ではない。
(6) ソーシャルメディアは他のメディアチャネルとともに測定可能であり、測定すべきである。
(7) 測定および評価は、透明性があり、一貫性があり、有効なものであるべきである。

Posted in: ハ行の用語


このページの先頭へ