パブリック・アフェアーズ(Public Affairs)

企業と社会との緊張関係を処理し、緩和しようとする活動。具体的には、社会を構成する各種環境主体(消費者、地域社会、行政、報道機関など)との積極的コミュニケーション手段をいう。PAの基本的ステージとしては、①社会の動向を分析し、企業の意志決定に反映させる。②企業の状況、意志決定、意見などを社会に積極的に知らせていく。③社会に貢献する活動を計画し実践する、の3つの段階がある。1970年代以降に顕在化した、企業と消費者の緊張関係を背景に、パブリックリレーションズに代わる概念としてアメリカで使われるようになった。

Posted in: ハ行の用語


このページの先頭へ