コーズ・マーケティング(Cause Related Marketing=CRM)

コーズ・リレーテッド・マーケティングとも呼ばれる。企業が商品やサービスを消費者に提供する際に、社会貢献に結び付くような仕掛けを取り入れるマーケティング手法で、ブランドイメージや企業評価の向上を図ることができる。日本では、1960年にスタートした「ベルマーク運動」がその先駆けといえる。

Posted in: カ行の用語


このページの先頭へ