名称Communicating with the changing international media ~ 変貌する国際メディアにどう向き合うか?
日時

2021年2月9日(火)16:30〜18:00(オープン16:15~)

会場

オンライン配信

プログラム

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 国際・交流委員会では、グローバルなPRの最新動向をお伝えするために、国際セミナーを開催しております。

 

来る2月9日(火)、フィナンシャル・タイムズ 東京支局長ロビン・ハーディング氏を講師として招き、国際セミナーをオンラインで開催します。

デジタルが主流となった現代のパブリックリレーションズ(PR)を考える上で、日本のPR関係者は、国際メディアをどう捉え、向き合うべきなのか? 東京支局長として日本のPRの現場にも精通したハーディング氏に、世界をリードするニュースメディアであるフィナンシャル・タイムズの視点から、日本のコミュニケーションの現状や課題、これからの在り方についてアイディアをいただきます。

 

なお、講演後には Q&Aのセッションも用意しております。フィナンシャル・タイムズや他の海外メディアへの疑問など、当日の講演内容に関わらない質問でも構わないとのことですので、この機会にハーディング氏と自由闊達な意見交換をしていただければ幸甚です。

 

■当日のスケジュール

2月9日(火)16:30〜18:00  (オープン16:15〜)

講演60分程度、Q&Aセッション30分程度の予定

英語での講演となりますが、講演、Q&Aセッションともに逐語通訳がつきます。

 

■ 開催方法:オンライン配信

 

 

講師

フィナンシャル・タイムズ東京支局長 ロビン・ハーディング

フィナンシャル・タイムズ東京支局長。日本の経済、政治、外交記事を担当。現職前には米国ワシントンDC支局にて、連邦準備制度理事会(FRB)から国際通貨基金(IMF)まで、米国経済および国際経済について幅広く取り上げる。

イギリス北東部にあるダラム出身。ケンブリッジ大学で経済学士、一橋大学大学院で経済学修士を取得。銀行、アセットマネジメント、公共政策研究など、主に金融関連業界でキャリアを積み、高い専門知識と豊富な経験を習得して、ジャーナリストへ転身。

受講料
  • 協会会員: 3,000円(1名様あたり)
    ※日本パブリックリレーションズ協会に正会員としてご入会いただいている企業・団体にお勤めの方、個人会員・准会員のみなさまが対象となります。
  • 一般: 4,000円(1名様あたり)
お支払い方法についてクレジットカードによるお支払いをお願いいたします。なお、協会正会員企業にお勤めの方は、請求書による銀行振込もご利用になれます。
キャンセルについて必ずお読みください

準備の都合上、聴講お申込み後のキャンセルはキャンセルは2月5日(金)16:00までに必ずご連絡をお願いいたします。
以降のキャンセル、およびご連絡なく当日欠席された場合は、会費をご請求させていただきますので、あらかじめご了承ください。

備 考
  • 申込受付について確認のご連絡は、お申込みをいただいた直後に自動返信メールにて行います。メールがすぐに届かない場合、事務局までお問合せください。
  • ご視聴には、視聴される方全員分のお申込みが必要です。
  •  配信協力: ALPHABOAT LLC., http://www.alpha-boat.com

お申し込みはこちら

お申し込みは下記より行ってください。

個人情報の取り扱いについては、こちらのページをご確認ください。

日本パプリックリレーションズ協会 会員

一般(協会会員ではない皆様)