公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い再発令された「緊急事態宣言」を受けて、既に取り組んでいる感染防止対策を徹底するとともに、テレワーク推進要請に対応するため、事務局業務態勢を一部見直すことといたします。

感染防止に向けた基本原則と事務局業務態勢は以下の通りです。

なお、当協会主催事業における感染防止対策については、「新型コロナウイルス感染防止ガイドライン」をご参照ください。

■感染防止に向けた基本原則

◇「3密」を生じさせない環境設定

・喚起の徹底

・施設収容率(50%以下)の厳守

・ソーシャルディスタンスの確保

◇密を避ける対策の徹底

・会議、講座・セミナー、イベントのオンライン化の推進

・会議室入室人数の制限

・テレワーク、時短・ローテーション勤務の導入

◇除菌対策の徹底

・マスクの常時着用

・施設の消毒の徹底

・手指消毒の徹底

◇飲食を伴う会議の中止

◇職員、関係者の健康管理の徹底(日々の検温の励行など)

◇職員のプライベート行動の自主管理の徹底と会員への呼びかけ

 

■事務局の業務態勢について

緊急事態宣言の再発令を受けて、職員のローテーション勤務によるテレワーク態勢を継続するとともに、事務所開所時間を短縮させていただきます。

◇事務所開所時間:10:30-16:30(1月8日~)

皆さまにはご不便をおかけすることになりますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

以上

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会