理事長挨拶

 

平成29年度

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会

理事長 近見 竹彦

近見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当協会は、パブリックリレーションズの普及と発展を事業目的としています。
PRの発展という共通のキーワードの下に、PR業はもちろんのこと、業界の枠を超えてさまざまな事業会社や団体から協会会員として参加をいただいている公益社団法人です。

2012年に公益社団法人として認定を受けた当協会ですが、公益事業として行っているPRプランナー資格認定事業が制度開始から10年が経過いたしました。多くの方に支えられながら順調に事業が推移し、既に2,000人を超える認定PRプランナー資格取得者が誕生しています。

もう一つの公益事業として毎年実施しているPRアワードグランプリ事業ですが、優れたPR事例を表彰する制度として、日本を代表するPRアワードとして定着し、盛り上がりを見せています。今年も12月の最終審査会に向けた熱い戦いが始まります。

パブリックリレーションズの意義や重要性が指摘される今日、PRの社会的使命がますます高まっていることを自覚して、PRの質的向上に向けた努力を継続させていただく所存です。PRの発展を通じて社会の負託に応えていく、公益に資する協会活動を行っていくことこそが、私たちPRパーソンの責務であると確信しています。

 

 

 

 

平成29年6月29日

このページの先頭へ