リアルタイム・マーケティング(Real-Time Marketing)

もともとは「その時点で顧客が何を求めているかを把握して、最も効果的な情報を送るマーケティング手法」。ソーシャルメディアが普及した昨今では、ソーシャルリスニング(P.54参照)をもとに、多くのユーザー間で瞬間的に盛り上がっている話題を捉え、瞬時に関連づけた形で企業・ブランドメッセージを届ける意味合いで使われることも多い。

Posted in: ラ行の用語


このページの先頭へ