名称第215回定例研究会[会員限定セミナー]
日時

2021年7月29日(木)14:00~15:20

会場

オンライン(ライブ)開催

プログラム

「日本経済新聞電子版」の現在とこれから
~コンテンツとサービスの両輪で成長探る~

創刊以降140年余にわたりわが国の経済報道をリードしてきた日本経済新聞社。近年は国内メディアとしてはいち早くデジタル化を推進し、2010年に発刊した「日本経済新聞電子版」は、朝夕刊に先駆けて新鮮なニュースや充実した解説を配信するという新たな報道手法で、80万人を超える有料会員を抱える世界有数のネットメディアに成長しました。

取材する記者の主戦場も紙から電子版へと移り、編集現場のⅮⅩ(デジタルトランスフォーメーション)が進んでいます。

 

第215回定例研究会では、日本経済新聞社からデジタル編成ユニット副ユニット長の野沢正憲氏をお迎えします。編集局企業報道部長も歴任された野沢氏は、現在、同部門において、「日本経済新聞電子版」事業の推進に携わっておられます。

 

今回のご講演では、国内外のデジタルメディアを取り巻く環境、「日本経済新聞電子版」の成長の背景、これから目指すサービス開発の方向性などについてお話しいただきます。

さらに日本経済新聞社において、企業報道部長を含む長年の記者経験に基づき、デジタル時代の記者との向き合い方など企業広報、PR会社の人々に役立つアドバイス、忌憚のないご意見をうかがいます。

 

デジタル経済メディアの先頭を走る「日本経済新聞電子版」をより深く理解する今回の定例研究会。会員のみなさまの聴講をお待ちします。

 

講師
日本経済新聞社 デジタル事業 デジタル編成ユニット 副ユニット長 のざわ まさのり 野沢 正憲
受講料

4,000円(お一人さまあたり)

お支払い方法についてクレジットカードによるお支払いをお願いいたします。なお、協会正会員企業にお勤めの方は、請求書による銀行振込もご利用になれます。
キャンセルについて必ずお読みください

準備の都合上、お申込み後のキャンセルは7月27日(火)17:00までにお願いいたします。それ以降のキャンセルおよびご連絡がないままの欠席は、キャンセル料として会費と同額を請求させていただきます。

お申込みにあたって

申込受付:7月27日(火)17:00まで (この時刻でシステムによる受付が終了します)

  • ご視聴には、視聴される方全員分のお申込みが必要です。
  • 正会員は1社あたりのお申込人数の制限はありません。何名でもお申込みいただけます。
  • 個人会員は会員様ご本人のみお申込可。

 

[領収書の発行について]

 

クレジットカードで受講料をお支払いの皆様は、ご自身のマイページから領収書(PDF形式)をダウンロードしてご利用いただけます。マイページにログイン後、下部にある「各種お申込み履歴」というリンクから進み、「領収書発行」ボタンをクリックしてください。

視聴方法と推奨システム環境
  • PRSJの会員専用マイページをお持ちの方は、当日マイページからライブ視聴画面にアクセスしていただきます。
  • 会員専用マイページをお持ちでない方は、前日までにライブ視聴用のURLと、ID・パスワードをご連絡させていただきます。

 

<推奨システム環境>

 

【ブラウザ】

 

以下のHTML5 プレーヤーで h.264 MP4 動画が再生可能なブラウザ

  • Chrome 30〜
  • Firefox 27〜
  • Internet Explorer 11〜
  • Microsoft Edge
  • Safari 9〜

【モバイル / タブレット】

  • Android バージョン (Lollipop) 5.0〜
  • iOS バージョン 9.3.5〜
備考
  • ご視聴には、視聴される方全員分のお申込みが必要です。
  • 申込確認のご連絡は自動返信メールにて行います。
  • 講演時のご質問は、協会あての メール にてお寄せいただきます。
  • 当協会に責のある場合を除き、理由にかかわらず再視聴はご提供いたしません。通信回線や視聴方法等についてはあらかじめ十分にご準備のうえ、ご視聴をお申込みください。
  • セミナー動画についての録画、録音、SNSへの投稿はご遠慮ください。
  • 講師の急な事情等により予定が変更になる折はご了承ください。

お申し込みはこちら

お申し込みは下記より行ってください。

個人情報の取り扱いについては、こちらのページをご確認ください。

聴講のお申し込み