企業の文化施設

|   文化施設 ア行  |   カ行  |   サ行  |   タ行  |   ナ行  |   ハ行  |   マ行  |   ヤ・ラ・ワ行  |   オープンハウス  |  

文化施設 ア行

お人形歴史館/(株)東久

岩槻元祖かみしも1,000体雛。伝統工芸江戸川大学木目込み人形など、日本人形の歴史や制作工程を学べるほか、予約すれば人形についての解説や人形作りを体験できる。入館料300円(中学生以下無料)。

 

http:/www.tokyu-doll.co.jp/

 

〒339-0056 さいたま市岩槻区加倉1-7-1 /TEL:048-757-3032/休館日:水曜日

 

朝日生命ホール(大阪)/朝日生命保険(相)

大阪御堂筋のビジネス街にある交通の便に恵まれたホール。朝日生命館8Fにあり客席数は368。映画試写会・講演会などの催しに最適な多目的ホール。


〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4-2-16 / TEL:06-6202-3919 / 休館日:無

アサヒビール大山崎山荘美術館/(公財)アサヒグループ芸術文化財団

アサヒビール大山崎山荘美術館
/(公財)アサヒビール芸術文化財団
大正〜昭和初期に建てられた大山崎山荘をアサヒビールが京都府と協力して修復し、安藤忠雄建築の地中館を併設して美術館を開設。2012年、安藤建築の新スペース(山手館)を増築した。本館には同社初代社長・山本爲三郎による民藝運動のコレクションを中心に展示。地中館では印象派モネの「睡蓮」も公開している。
〠618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3 ☎075-957-3123(総合案内) 月曜日、臨時休館日あり

アド・ミュージアム東京/(公財)吉田秀雄記念事業財団

アド・ミュージアム東京
/(公財)吉田秀雄記念事業財団
国内唯一の広告の総合資料館。館内の「広告図書館」では広告・マーケティング関連図書の閲覧や、約20万点以上の収蔵資料のデジタルデータが検索可能。常設展示は江戸期から現在までの広告作品を時代区分し展示するほか、企画展も年間約10回開催する。
〠105-7090 港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留B1・B2 ☎03-6218-2500 月曜日、広告図書館は日曜・月曜

尼崎信用金庫世界の貯金箱博物館/尼崎信用金庫

尼崎信用金庫世界の貯金箱
博物館/尼崎信用金庫
日本をはじめ欧米やアジア、中東、中南米など世界62カ国、約13,000点の貯金箱を収蔵している質量とも世界でも最大級の貯金箱博物館。
〠660-0863 兵庫県尼崎市西本町北通3-93 ☎06-6413-1163 
月曜日、祝休日

いずみホール/(一財)住友生命社会福祉事業団

いずみホール
/㈶住友生命社会福祉事業団
大阪市中央区にあるクラシック音楽専用ホール(821席)。専属楽団による現代音楽公演や海外との連携企画など、ホールの特性を生かした自主企画を年間約30公演制作。
〠540-0001 大阪市中央区城見1-4-70
☎06-6944-2828 不定

出光美術館/出光興産(株)

同社の創業者・出光佐三が70有余年にわたって収集した美術品を一般公開するため1966年に開館。展示品はやまと絵をはじめ、書、肉筆浮世絵、中国・日本の陶磁器など東洋の古美術品が中心。


〒100-0005 千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F / TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル) / 休館日:月曜日

INAXライブミュージアム/(株)LIXIL

大正時代に築かれた美しい窯の内部を公開している「窯のある広場・資料館」、装飾タイル1,000点を展示している「世界のタイル博物館」、タイルアートを体験できる「陶楽工房」、土の魅力を紹介する「土・どろんこ館」、技術の伝承と斬新なものづくりを行う場「ものづくり工房」の5つからなる、体感・体験型ミュージアム。

 

〒479-8586 愛知県常滑市奥栄町1-130/ TEL:0569-34-8282/ 休館日:第3水曜日

印刷博物館/凸版印刷(株)

印刷の過去・現在・未来を分かりやすく展示。館内は「プロローグ展示ゾーン(かんじる)」「企画展示ゾーン(みつける)」「常設展示ゾーン(わかる)」「印刷工房(つくる)」の4つのゾーンに分かれていて、子どもから大人まで楽しめる。他にP&Pギャラリー、ライブラリーが利用できる。http://www.printing-museum.org/


〒112-8531 文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル/ TEL:03-5840-2300/ 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、展示替え期間(ホームページ等で事前案内)

映画文化館/(株)東映京都スタジオ

映画文化館
/㈱東映京都スタジオ
1Fは日本映画史を彩った作品のハイライト場面が見られる「名作ミニ劇場」、映画のできるまでを解説した「映画制作工程」のコーナーなど。2Fには映画の発展に寄与した現役映画人を表彰する「牧野省三賞」コーナー、物故映画人を顕彰展示した「映画の殿堂」などのコーナーで構成。
〠616-8586 京都市右京区太秦東蜂岡10 東映太秦映画村・村内施設 ☎075-864-7718 1月18〜22日

 

NHK放送博物館/日本放送協会

NHK放送博物館/日本放送協会
日本で最初にNHKがラジオの本放送をはじめた愛宕山に、1956年、世界初の放送専門ミュージアムとして開館。収蔵する放送関係の資料は2万点に達し、近現代史を語る上で不可欠な放送の役割や成果を伝えている。
〠105-0002 港区愛宕2-1-1
☎03-5400-6900 
月曜日(祝日は開館)

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]/NTT東日本(株)

日本の電話事業100周年の記念事業としてオープンした文化施設。最先端テクノロジーを使ったメディア・アート作品を紹介してきたほか、さまざまなプログラムを通じ、従来の枠組みにとらわれない新たな表現、“コミュニケーション”の可能性について紹介している。オープン・スペースでは無料で作品を観覧できる。

 

〒163-1404 新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4F/ TEL:0120-144-199/ 休館日:月曜日

王子ホール/(株)王子ホール

自主公演の充実を図ることを主眼においた客席数315の音楽専用ホール。ホールが空いているときには貸出も行っている。


〒104-0061 中央区銀座4-7-5/ TEL:03-3564-0200/ 休館日:コンサートのない日

OKKY(「J-POWER 奥清津発電所」)/電源開発(株)

日本最大級の揚水式水力発電所。雄大な自然の中にそびえる二居ダムと神秘的な調整池。展示ルームと最新の発電設備が体験できる「OKKYミュージアム」、建設時代にタイムスリップできる「水の路」などがある。


〒949-6212 新潟県南魚沼郡湯沢町大字三国502/ TEL:025-789-2728/ 休館日:月曜日

ページの先頭へ

カ行

花王ミュージアム/花王㈱

創業以来、清浄文化や清浄生活の向上に深く関わってきた花王が、これまで収集した数々の史料を展示・公開し、清浄文化の移り変わりについて広く社内外に紹介している。また、現在へ継承されてきた創業者たちのメッセージや今日までの事業活動の歴史、そして、“よきモノづくり”から生まれた最新の製品なども紹介する。東京工場とあわせて見学できる。入館無料。要予約(見学は5名以上、希望の2ヶ月前から電話にて受付)。
〠131-8501 墨田区文花2-1-3 花王すみだ事業場内
☎03-5630-9004(予約受付9:00~17:00) 土・日曜日、祝日、会社休日、年末年始

碍子博物館/日本ガイシ(株)

世界21カ国、57社のメーカーからさまざまなを集めた博物館。各国の通信用、送電用、変電用の碍子が展示されている。「文献・カタログ類展示コーナー」では明治以来の碍子カタログ、アメリカやドイツの碍子に関する文献が保存されている(一般には公開されていない)。


〒485-8566 愛知県小牧市大字二重堀字田神1155/ TEL:0568-72-3127/ 休館日:土・日曜日、祝日、G・W、夏期連休

科学技術館

展示物は体感できる参加型のものが多く、見たり、触ったりしながら学習できるように工夫されている科学館。身近な科学・技術や産業をテーマとしている。ジャンルは自動車・エネルギー・ロボット・建設など多岐にわたり、毎日ワークショップも行われている。
http://www.jsf.or.jp/
〠102-0091 千代田区北の丸公園2-1☎03-5777-8600(ハローダイヤル)
水曜日不定休、年末年始

ガスエネルギー館/東邦ガス

「地球温暖化とエネルギー」をテーマに、環境とエネルギーのかかわりについて、見て、触れて、楽しく学べる展示館。人気コーナー「省エネショッピング」では、買い物ゲームをしながら、二酸化炭素の削減量を体感できるほか、未来のエネルギーとして期待される「メタンハイドレート(燃える氷)」も紹介している。要予約。入館無料。
http://www.tohogas.co.jp/gas-enekan
〠476-8501 愛知県東海市新宝町507-2 ☎052-603-2527 
土曜日、祝日(日曜の場合は翌日)、お盆、年末年始、特別に定める休館日

ガス科学館/大阪ガス(株)

「環境とエネルギーの総合科学館」として1982年10月に開館。参加型の展示により、ガスとエネルギーについて楽しく学ぶことができる。また、環境にやさしい天然ガスとその利用技術の紹介を通して「地球環境の保全とエネルギーの有効利用」のメッセージを送っている。
〠592-0001 大阪府高石市高砂3-1大阪ガス ガス科学館
☎072-268-0071
日曜日、祝日、第1・3・5土曜日

がすてなーに ガスの科学館/東京ガス(株)

コンセプトは「科学と暮らしの視点からエネルギーの『?(はてな)』を学び『!(なるほど)』を実感」。“地球のめぐみ・ガス”の不思議な世界を、見て・触れて・体感しながら探り、これからの地球にやさしい暮らし方を考える。(http://www.gas-kagakukan.com


〒135-0061 江東区豊洲6-1-1/ TEL:03-3534-1111/ 休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、設備点検日

GAS MUSEUM/東京ガス(株)

明治末期の東京ガスの施設を移築復元したレンガづくりの資料館。館内には、1872年にガス灯が文明開化の象徴的な明かりとして設置されてから、ストーブ、アイロンなど熱へと変化していったガス器具の様子を現在に至るまで展示している。


〒187-0001 東京都小平市大沼町2-590/ TEL:042-342-1715/ 休館日:月曜日

紙の博物館/(公財)紙の博物館

日本の洋紙発祥の地、東京・王子に1950年に開館。紙関連の資料を幅広く収集し、保存・展示する世界有数の紙専門の博物館。紙の歴史や製造工程、種類や用途、紙の工芸品などを展示しているほか、毎週土・日曜日には牛乳パックの再生原料からオリジナルのはがきを作成する「紙すき教室」を実施している。


〒114-0002 北区王子1-1-3(飛鳥山公園内)/ TEL:03-3916-2320/ 休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、祝日直後の平日、年末年始

菊正宗酒造記念館/菊正宗酒造(株)

国指定重要有形民俗文化財である歴史的な酒造りの用具などが、生産工程順に展示されている。1Fが展示場、2Fが収蔵庫となっており、直売店では記念館限定のお酒も販売している。また、利き酒コーナーでは、しぼりたての原酒を試飲できる(無料)。


〒658-0026 神戸市東灘区魚崎西町1-9-1/ TEL:078-854-1029/ 休館日:無

グリコピア神戸/江崎グリコ(株)

ポッキー、プリッツの生産工程の見学や映像、展示物を通じて菓子について楽しく学べる施設。「食べることと遊ぶことは子供の二大天職である」という江崎グリコ創業者・江崎利一の提唱に基づいて1988年に開館。要電話予約。


〒651-2271 神戸市西区高塚台7-1/ TEL:078-991-3693/ 休館日:金曜日、夏期休暇

グンゼ博物苑・記念館/グンゼ(株)

大正時代の繭蔵を利用し、グンゼの成長を支えた主要事業を紹介している。特に蚕糸業の展示は関心が高い。記念館は1917(大正6)年の本社事務所を利用し、100年余の歴史を紹介している。建物は日本建築学会より保存指定を受け、経済産業省の「近代化産業遺産群33」の認定を受けている。2010年より綾部市のバラ園も併設。
〠623-0011 京都府綾部市青野町 
☎0773-43-1050 月・火・水曜日(記念館は金曜日のみ開館)

京王百草園/京王電鉄(株)

江戸時代の亨保年間に、松連寺の庭園としてつくられた名園。1957年に京王電鉄が買い受け、新たに梅の木を植え、梅の名所として生まれ変わった。2~3月には約800本の梅が咲く。


〒191-0033 東京都日野市百草560/ TEL:042-591-3478/ 休館日:水曜日(催物期間中は無休)

KDDIパラボラ館/KDDI(株)山口衛星通信センター

通信の歴史の紹介、通信衛星の模型展示、シアター映像、国際電話コーナー、通信Q&Aなどを通じて、衛星通信や海底ケーブル通信のしくみを紹介する展示館。


〒753-0302 山口市仁保中郷123/ TEL:083-929-1400/ 休館日:月曜日、年末年始

コニカミノルタプラザ

社会・文化・芸術への貢献を目的に多彩な展示を行っている。会場内に3つのギャラリーを持ち、独自企画の作品展やイベント、一般公募の作品展、新人写真家の個展などを開催している。


〒160-0022 新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F/ TEL:03-3225-5001/ 休館日:年末年始、夏期休暇

ページの先頭へ

サ行

佐川美術館/SGホールディングス

1998年に開館。日本を代表する日本画家の平山郁夫氏、彫刻家の佐藤忠良氏と陶芸家の樂吉左衞門氏の作品を中心に展示を行っている。樂吉左衞門館は、展示室と茶室で構成されており、館の設計創案を作家自身が行った部分も見逃せない。日本画、彫刻、そして工芸と3分野の作品が鑑賞できる美術館。

 

〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川2891/ TEL:077-585-7800/ 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、臨時休業あり

サッポロビール博物館/サッポロビール(株)

明治時代の煉瓦建築として文化的価値の高い「旧製麦工場」を永久保存。館内は、サッポロビールの歴史やビールの原料などを実物資料や映像で紹介。見学後は工場直送のビールなどを試飲することができる(有料)。10名以上は要予約。また同敷地内に、日本最大級のビヤホール「サッポロビール園」がある。

 

〒065-8633 札幌市東区北7条東9/ TEL:011-748-1876/ 休館日:月曜日、年末年始、特別休館日

JFEスチール東日本製鉄所(千葉地区)/JFEスチール(株)

京葉工業地域の中心にある東日本製鉄所(千葉地区)の見学。総面積は約765万m2。製鉄所のシンボルである巨大な溶鉱炉と、ダイナミックな鉄の製造工程の一部を見ることができる(当日の稼働状況によって見学工場が変更となる場合あり)。見学希望者は、要ご連絡。


〒260-0835 千葉市中央区川崎町1/ TEL:043-262-2205/ 休館日:土・日曜日、祝日

Jパワー&よんでんWaンダーランド/電源開発(株)、四国電力(株)

自然や科学を楽しめる体験型施設。館内では地元や発電のしくみなどを紹介。屋外には芝生広場や公園がある。日本最大級の火力発電所見学が可能。


〒779-1620 徳島県阿南市福井町舟端1/ TEL:0884-34-3251/ 休館日:火曜日ほか

資生堂アートハウス/(株)資生堂

資生堂がメセナ活動の一環として収集した近現代のすぐれた美術品を一般公開している。入館無料。10名以上の団体は要予約。


〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1/ TEL:0537-23-6122/ 休館日:月曜日(祝・休日の場合は翌日)、年末年始、8月中旬

資生堂企業資料館/(株)資生堂

創業1872年から今日までの企業の歩みや、商品パッケージ、ポスター、テレビCMなどの広告の展示を通じて、資生堂に受け継がれる「美」と「知」の企業文化が見られる資料館。入館無料。


〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1/ TEL:0537-23-6122/ 休館日:月曜日(祝休日の場合は翌日)

資生堂ギャラリー/(株)資生堂

現存する日本最古のギャラリー。5mを超える天井高を持つ銀座で最大級の空間で、現代美術をはじめ前衛性と純粋性を兼ね備えた同時代の表現を中心に紹介。入場無料。


〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビルB1/ TEL:03-3572-3901/ 休館日:月曜日、不定休

自転車博物館/(公財)シマノ・サイクル開発センター

堺市にある日本で唯一の自転車博物館。1992年オープン。自転車の歴史と自転車ライフ、自転車と環境問題について提案展示している。自転車乗り方教室・サイクリングイベントも実施。(要予約)
〠590-0801 大阪府堺市堺区大仙中町18-2 ☎072-243-3196
月曜日、祝日の翌日、年末年始

 

食の文化ライブラリー/(公財)味の素食の文化センター

1階「職の文化ライブラリー」では職に関する図書・雑誌・映像約40,000点を収蔵。職に関する調べ物、仕事、研究、宿題に最適。一般貸出も可能。また、2回「職とくらしの小さな博物館」では、味の素(株)100年の歴史と昭和初めから現在の食卓台所の変遷をわかりやすく展示。一企業の歴史と並行して近代現代の食文化を学べる空間となっている。併設する企画展示室では「錦絵に見る江戸時代の食文化」も展示されている。音声ガイド・ビデオあり。予約不要。入館無料。

 

〒108-0074 港区高輪3-13-65 味の素グループ高輪研修センター内/ TEL:03-5488-7319/ 休館日:日曜日、祝祭日、年末年始、その他臨時休館あり。

新宿明治安田生命ホール/エムワイ総合企画

1996年にリニューアルオープン。最新の音響・映像・照明設備とバックステージも充実させ、シックな感性に包まれた多目的ホールとして利用されている。


〒160-0023 新宿区西新宿1-9-1 明治安田生命新宿ビルB1F/ TEL:03-3342-6705/ 休館日:不定

住友の森エコシステム「記念広場/フォレスターハウス」/住友林業(株)

森林と林業、環境保全との関わりについて広く理解してもらおうと、森林の機能や森づくりに関する情報を展示している施設。
〠799-0650 愛媛県新居浜市別子山乙555-70 ☎0897-64-2019
月・火曜、冬期休暇(12〜2月)
生活誕生館 DILIPA

 

製粉ミュージアム/(株)日清製粉グループ本社

小麦・㈱コミュニケーション科学研究所擬古をテーマに2012年秋開設した「製粉ミュージアム」。本館は明示創業期より事務所として使用していた洋風木造建築に最新の免震設備と耐震補強を施している。館内では創業者ゆかりの品々が展示され、創業以来の会社の歴史と伝統に触れることができる。新館では、世界に誇る最先端の製粉技術とともに、小麦が小麦粉になるまでの“ものづくり”の工程を様々な角度から、わかりやすく紹介している。また、隣接する日本庭園は、ゆったりとした時間を過ごす憩いの場となっている。
〠374-0052 館林市栄町6-1
☎0276-71-2000   休刊日:月曜、年末年始等

ゼンリン地図の資料館/(株)ゼンリン

地図に親しみ、その文化や歴史を感じられる施設を目指し、常設展示では、伊能忠敬の測量による「大日本沿海輿地全図」の原寸複製や、国内外の地図など約70点を展示している。地図関連の書籍や玩具を楽しめるコーナー、ゼンリンの電子地図商品やサービスを自由に試せるコーナーもある。入館料100円(中学生以下は無料)。


〒803-0812 北九州市小倉北区室町1-1-1 リバーウォーク北九州高層棟14F/ TEL:093-592-9082/ 休館日:土・日曜日、祝日、夏期休暇

ページの先頭へ

タ行

髙島屋史料館/(株)髙島屋

株式会社設立50周年記念事業の1つとして、1970年に開館。髙島屋創業以来の美術染織品の下絵や能装束などを中心に、美術作品など約5,000点の館蔵品がある。社史資料などの常設展覧のほか、随時特別展も年4回開催している。


〒556-0005 大阪市浪速区日本橋3-5-25 髙島屋東別館3F/ TEL:06-6632-9102/ 休館日:水・日曜日、展示替日、その他

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館/(公財)損保ジャパン日本興亜美術財団

東郷青児画伯から寄贈された作品を母体に1976年に開館。都会の喧騒の中にありながら落ち着いた雰囲気で美術作品を鑑賞できる。年6回の企画展のほか、ゴッホの「ひまわり」、ゴーギャンやセザンヌなど、後期印象派の作品も常設展示している。

 

〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42F/ TEL:03-3349-3081(美術館代表)/ 休館日:月曜日

旅の図書館/(公財)日本交通公社

2012年4月に移転オープンした旅の専門図書館。国内外の旅行ガイドブックを中心に、旅行雑誌、時刻表、機内誌、観光研究の㈱文化工房検討をそろえており、誰でも無料で閲覧することができる。また、観光関連の古書・稀蔵書も所蔵している。

http://www.jtp.or.jp/library/

〒104-0031 東京都中央区京橋1-1-1 八重洲ダイビルB1/ TEL:03-3516-6100/ 休館日:土・日曜日、祝日、年末年始、棚卸期間

竹中大工道具館/(株)竹中工務店

「人と自然をつなぐ、伝統と革新をつなぐ」をテーマに、2014年10月4日より新神戸駅前に移転して新館オープン。新設の木工室ではワークショップが開催され、ミュージアムショップにはこだわりのオリジナルグッズが充実している。

〒651-0056 神戸市中央区熊内町7-5-1/ TEL:078-242-0216/ 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

TDK Museum 歴史みらい館/TDK(株)

80周年を期に、TDK歴史館は、全面リニューアルを行い「TDK歴史みらい館(英文名称:TDK Museum)」として生まれ変わった。
TDKの製品・技術がどのように社会の進化にお役にたってきたのか、さらにこれから訪れる未来社会に対してどのように関わり進化していくのかを、フェライトから始まるTDKの強みである「磁性」を主軸に、映像や体感デモを通して、わかりやすく楽しく体感できる。
http://www.akitafan.com/archive/play/4525

 

〒018-0402 秋田県にかほ市平沢字画書面15/ TEL:0184-35-6580/ 休館日:毎週月曜日(月曜祝日の場合、翌火曜日)と当館の定める日(詳細はHPまたは電話で確認)/開館時間:10:00~18:00

電車とバスの博物館/東京急行電鉄(株)

東急線に関する資料展示や、電車のしくみ、安全運行のための取り組み紹介のほか、電車・バス・飛行機の操縦体験ができるシミュレータなど、参加・体験を通して学べる教育文化施設。かつて東急線で活躍した旧車両の展示もしている。


〒216-0033 川崎市宮前区宮崎2-10-12/ TEL:044-861-6787/ 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

電力館/東京電力(株)

限りあるエネルギーの大切さや電気エネルギーの情報を分かりやすく提供している「電気の総合PR館」。


〒150-0041 渋谷区神南1-12-10/ TEL:03-3477-1191/ 休館日:水曜日(祝日の場合は翌日)

TOTOギャラリー・間/TOTO(株)

TOTOの文化活動として1985年に設立。建築とデザインの専門ギャラリーとして国内外の建築家、デザイナーの個展や企画展、講演会などを開催。質の高い情報を発信している。(http://www.toto.co.jp/gallerma/


〒107-0062 港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F/ TEL:03-3402-1010/ 休館日:日・月曜日、祝日

東芝未来科学館/(株)東芝

東芝の創業85周年記念事業の一環として1961年に開館した東芝科学館が川崎駅前のラゾーナ川崎東芝ビル(「スマートコミュニティセンター」2F)へ移転し、東芝未来科学館として2014年1月よりリニューアルオープン。歴史的製品技術から生活に密着した先端技術まで幅広い展示を行う。創業者ゆかりの品々や日本初・世界初の製品や技術を紹介するコーナーでの動態展示は必見。

〒212-8582 神奈川県川崎市幸区堀川町72-34/ TEL:044-549-2200/ 休館日:月曜日、祝日、特別休刊日  ※詳細はHPで確認。

東証ARROWS(アローズ)/東京証券取引所

投資家と企業を結ぶ情報発信基地。上場企業の最新情報提供のほか、証券史料の展示により日本の証券市場の歩みを紹介している。団体(10名以上)での見学ツアーを行っている。要予約。


〒103-8224 中央区日本橋兜町2-1/ TEL:03-3665-1881/ 休館日:土・日曜日、祝日

トヨタ会館/トヨタ自動車(株)

環境・安全・品質への取組みを中心に、トヨタが目指す豊かな社会と最新の車づくりを紹介している。また「ショールーム」では、トヨタの主要モデルやレクサス車に乗り降りできる。


〒471-8571 愛知県豊田市トヨタ町1/ TEL:0565-29-3345/ 休館日:日曜日、G・W、夏期休暇

トヨタ鞍ヶ池記念館/トヨタ自動車(株)

1974年にトヨタ車生産累計が1,000万台に達したことを記念し、開館。トヨタ自動車の創業者である豊田喜一郎とその仲間たちの大いなる夢、情熱の日々を創業期の歩みとともに映像やジオラマなどで紹介。旧豊田喜一郎邸や、アートサロンもある。


〒471-0001 愛知県豊田市池田町南250/ TEL:0565-88-8811/ 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

豊田佐吉記念館/豊田佐吉記念館保存会

トヨタグループの創業者、豊田佐吉の事績を展示し、将来を担う青少年への創意と努力の啓蒙、また憩いの場として1988年に開館。佐吉の生家など、彼にちなんだ資料を公開している。


〒431-0443 静岡県湖西市山口113-2/ TEL:053-576-0064/ 休館日:水曜日

トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

トヨタグループ発祥の地である旧豊田紡織本社工場に残された赤レンガの建物を保存・活用し設立。「繊維機械」「自動車」を中心に産業と技術の変遷を本物の機械の動態展示や実演で紹介。環状織機、蒸気機関の実演などもあり展示が充実。

 

〒451-0051 名古屋市西区則武新町4-1-35/ TEL:052-551-6115/ 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

トヨタ博物館/トヨタ自動車(株)

「ガソリン自動車100年の発達史」と「日本のモータリゼーションの歩み」を国内外の名車約140台と各時代の生活文化資料約2,000点により分かりやすく紹介している。


〒480-1131 愛知県愛知郡長久手町大字長湫字横道41-100/ TEL:0561-63-5151/ 休館日:月曜日

虎屋ギャラリー/(株)虎屋

(株)虎屋が運営するギャラリー。古文書・古器物・絵図帳のほか、和菓子関連の資料を交え、「子どもとお菓子」「和菓子の歴史」など、菓子に関する企画展を毎年1~2回開催。展示を企画する菓子資料室の虎屋文庫は、和菓子文化の伝承と創造の一翼を担うことを目的として1973年に創設された。(bunko@toraya-group.co.jp


〒107-8401 港区赤坂4-9-22 虎屋ビル2F/ TEL:03-3408-2402(虎屋文庫)/ 休館日:展示期間中以外(要問合せ。2011年の展示は秋を予定)

ページの先頭へ

ナ行

内藤記念 くすり博物館/エーザイ(株)

エーザイ川島工園内にある薬の博物館。約65,000点の収蔵品と約62,000冊の蔵書を保管。薬用植物園が併設され、工場見学もできる。


〒501-6195 岐阜県各務原市川島竹早町1 エーザイ川島工園内/ TEL:0586-89-2101/ 休館日:月曜日

日清オイリオウェルネスギャラリー/日清オイリオグループ(株)

食用油を通じて、健康と豊かな食生活を体感できるスペース。日清オイリオグループの事業内容、植物油の原料、製造工程、食用油の歴史などをパネルや映像で分かりやすく紹介している。バスで巡る工場見学も、10名以上から受け付け。要電話予約。


〒235-8558 横浜市磯子区新森町1/ TEL:045-757-5030/ 休館日:土・日曜日、祝日

日本カメラ博物館/(一財)日本カメラ財団

日本の歴史的カメラを認定・保存している日本カメラ財団が、1989年に設立した博物館。日本のカメラの発展史を系統的に常設展示している。特別展では機能別・国別など、あらゆる角度から掘り下げた展示を行っている。(http://www.jcii-cameramuseum.jp

 

〒102-0082 千代田区一番町25 JCII一番町ビル/ TEL:03-3263-7110/ 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

長崎造船所 史料館/三菱重工業(株)

1985年開設。舟、ボイラー、タービンなど製品の写真や泳気鐘(潜水器具)を始めとした実物の展示などで三菱重工業長崎造船所の歴史を紹介している。要電話予約。

〠850-8610 長崎市飽の浦町1-1 三菱重工業(株) 長崎造船所内  ☎095-828-4134 休刊日:会社休日

 

日本の酒情報館「SAKE PLAZA」/日本酒造組合中央会

日本酒、本格焼酎、泡盛、本みりんの持つあらゆる文化的要素を総合的に集約・情報化し、受信と発信を展開していくための広報拠点。コンピュータによる銘柄検索、約6,000冊の蔵書の閲覧(図書コーナー事前予約制)ができる。


〒105-0003 港区西新橋1-1-21 日本酒造会館1・4F/ TEL:03-3519-2091/ 休館日:土・日曜日、祝日

日本郵船歴史博物館/日本郵船(株)

日本郵船の歴史や海運の発展史を展示。大型モデルシップや美しい客船パンフレットなどがある。常時、海や船をテーマとした企画展も開催している。


〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9/ TEL:045-211-1923/ 休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、その他

ページの先頭へ

ハ行

(財)畠山記念館/(株)荏原製作所

創設者・畠山一清翁が蒐集した茶道具の名品を中心に古美術品を展示公開。かつての薩摩藩主が隠棲した故園に建つ茶の湯の美術館。


〒108-0071 港区白金台2-20-12/ TEL:03-3447-5787/ 休館日:月曜日(祝・休日は開館し、翌火曜日休館)、展示替え期間

パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館/パナソニック(株)

松下幸之助の歩みと人間像をさまざまな角度から資料や映像で紹介している。


〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006/ TEL:06-6906-0106/ 休館日:日曜日、祝日、会社休日

ヒゲタ醤油工場見学・史料館/ヒゲタ醤油(株)

現代の醤油造りの工程だけでなく、醤油造りの道具や、昔の仕込桶などを約200点展示した史料館を見学できる。2001年から縦2.8m、横10mのフレスコ画を紹介し始め、フレスコ画鑑賞ができる醤油蔵として注目されている。


〒288-8680 銚子市八幡町516 ヒゲタ醤油銚子工場内/ TEL:0479-22-0080(土・日・祝は0479-22-5151)/ 休館日:無(工場が休日の場合、映画と史料館の見学となる)

物流博物館/(公財)利用運送振興会(日本通運(株))

1998年8月オープン。江戸時代の飛脚の看板、川蒸気通運丸など江戸から現代までの物流史資料を展示。鉄道・トラックターミナル、港や空港のジオラマや映像を通して現代の物流産業のしくみも紹介している。2008年にリニューアル。

 

〒108-0074 港区高輪4-7-15/ TEL:03-3280-1616/ 休館日:月曜日、第4火曜日、祝日の翌日

Honda Collection Hall/本田技研工業(株)

1998年3月オープン。本田技研工業創立50周年記念事業の一環として設立した企業博物館。Hondaの歴代の市販製品やレーシングマシン・2足歩行ロボットなど約350台を展示している。またASIMOデモンストレーションも見ることができる。


〒321-3597 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1 ツインリンクもてぎ内/ TEL:0285-64-0341/ 休館日:無

hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)/大阪ガス(株)

2015年1月30日オープン。「人とガスが出会うと、ぬくもりが生まれる。未来が生まれる」をコンセプトに、天然ガスや最新のガス機器が実現する快適で新しい暮らしをご提案するほールーム。家庭用ガス機器を業務用厨房機器を、見て、触れて、体感できる。住まいの空間展示や100人規模対応の料理講習室も設置。入館・体感無料。

〠550-0023 大阪市西区千代崎3-14-1  休館日:家庭用フロア:水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始/業務用厨房フロア:土・日曜日・祝日、年末年始  ※詳細はHPで確認。

ページの先頭へ

マ行

松下資料館/(公財)松下社会科学振興財団

1994年に松下幸之助生誕100周年を記念してオープン。2013年12月京都市南区に移転し、リニューアルオープン。幸之助の思想・経営哲学を映像など、肉声を混じえながら、展示紹介。

 

〒601-8411  京都氏南区西九条北ノ内町11 PHPビル3F/ TEL:075-661-6640/入館無料/ 休館日:第一土曜日以外の土曜日、日・祝日、特別休館日

マツダミュージアム/マツダ(株)

クルマが誕生するまでの過程を、実車やパネル・工場見学を通して理解できる施設。環境問題への取り組みなど、企業活動も分かりやすく展示している。要WEB又は電話予約。(http://www.mazda.co.jp/philoso-phy/museum/


〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3-1/ TEL:082-252-5050/ 休館日:土・日曜日、祝日、会社休日

丸の内ストリートギャラリー/三菱地所(株)

ビジネス街の中心・千代田区丸の内を横切る丸の内仲通りに、14点の彫刻を展示、定期的に展示替えも行っている。彫刻の森美術館の協力を得て、1972年より実施されている。問合せは下記へ。


〒100-8133 千代田区大手町1-6-1/ TEL:03-3287-5200(広報部)

水島製作所PRセンター/三菱自動車工業(株)

1993年にオープンした主力工場の一角にある工場見学者受入スペース。ヒストリックカーから現行モデルの車両展示もしている。


〒712-8501 岡山県倉敷市水島海岸通1-1/ TEL:086-444-4115/ 休館日:土・日曜日、G・W、夏期休暇、工場休業日

三菱オートギャラリー/三菱自動車工業(株)

1989年に開設されたこのギャラリーでは、約1,100m2のスペースの中に数々の名車やエポックメーキング車、競技車などを中心に、エンジンや参考資料、スケッチなどが展示されている。要電話予約。


〒444-8501 愛知県岡崎市橋目町字中新切1 三菱自動車岡崎工場内/ TEL:0564-32-5203/ 休館日:土・日曜日、G・W、夏期休暇

三菱地所アルティアム/三菱地所(株)

気軽にアートを楽しめる、親しみやすいギャラリーを目指してつくられた。現代美術、写真、建築など多彩なジャンルの作品を展示している。


〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F/ TEL:092-733-2050/ 休館日:第3火曜日、他(7・8月は無休)

三菱みなとみらい技術館/三菱重工業(株)

科学技術の現在と未来の姿を紹介する科学館。宇宙、海洋、環境・エネルギーなど6つのゾーンで構成。


〒220-8401 横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル/ TEL:045-200-7351/ 休館日:月曜日、特定休館日

MIBOROダムサイドパーク/電源開発(株)

御母衣ダム建設にまつわる歴史・ドラマ(「荘川桜」誕生の物語)と発電所のしくみを紹介している。


〒501-5505 岐阜県大野郡白川村大字牧140-1/ TEL:05769-5-2012/ 休館日:水曜日(G・W、夏休み、紅葉時期を除く)、12月中旬~3月中旬は閉鎖

もの知りしょうゆ館/キッコーマン食品(株)

醤油の歴史や醸造工程などを、映像や実際の製造ラインを見ながら分かりやすく学ぶことができる。併設の「なめカフェ」ではせんべい焼き体験なども楽しめる。

〒278-0037 千葉県野田市野田110 キッコーマン野田工場内/ TEL:04-7123-5136/ 休館日:第4月曜午後、年末年始、G・W、夏期休暇

三菱東京UFJ銀行貨幣資料館/三菱東京UFJ銀行

日本最古のお金や大判・小判などの日本の貨幣の歴史を追った展示品や、紀元前の中国や古代ギリシャ・ローマの貨幣などの世界史上で著名な外国貨幣が約10,000点展示されている。入場無料。


〒461-0026 名古屋市東区赤塚町25番地/ TEL:052-933-5151/ 休館日:月曜日、祝日、年末年始

三井住友海上しらかわホール/三井住友海上火災保険(株)

客席数700、中規模のコンサートホール。白川公園地区に位置し、内外の一流演奏家による高品質な公演を展開するなど地域の文化振興に貢献。

 

〒460-0008 名古屋市中区栄2-9-15 三井住友海上名古屋しらかわビル/ TEL:052-222-7110/ 休館日:月曜日

ページの先頭へ

ヤ・ラ・ワ行

雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館/雪印メグミルク(株)

日本の酪農、乳業界の発展の歴史などの史料を展示。見学は歴史館と札幌工場のガイド付きツアーで所要時間約60分。前日までの完全予約制。

 

〒065-0043 札幌市東区苗穂町6-1-1/ 電話受付:TEL011-704-2329(9:00-11:30/13:00-17:00)/ 休館日:土・日曜日、祝日

六ケ所原燃PRセンター/六ケ所げんねん企画(株)

原子力発電所で使われたウランから、再利用できるウランやプルトニウムを取り出す一連の流れをわかりやすく紹介している施設。六ケ所村の原子燃料サイクル施設を大型模型で再現したものや、放射線について詳しく案内するフロアが中心。案内スタッフによる案内を希望の場合は、要電話予約。


〒039-3212 青森県上北郡六ケ所村大字尾駮上尾駮 2-42/ TEL:0175-72-3101/ 休館日:最終月曜日

LIXIL資料館/(株)LIXIL

日本の住生活文化に関わってきた統合各社(トステム、INAX、新日軽、サンウエーブ、東洋エクステリア、川島織物セルコン)が歩んできた道のりや技術、製品の歴史をたどる資料館。これまで出版してきた書籍も閲覧できる。要電話予約。入館無料。

〠東京都江東区大島2-1-1 LIXILWINGビル  ☎03-3638-6276  休館日:土曜・日曜・祝日、会社休日

LIXIL:GINZA/(株)LIXIL

住生活文化をめぐるLIXILの情報発信拠点として2013年9月にリニューアルオープン。1階はLIXIL商材による空間展示や映像資料による活動を紹介。また併設する「LIXILブックギャラリー」では建築・インテリア・デザインを中心とした書籍を販売。

〠104-0031 東京都中央区京橋3-6-18  ☎03-5250-6555  休館日:水曜日

ページの先頭へ

オープンハウス

キリンビール名古屋工場/キリンビール(株)

レストランや製造工程見学、試飲スペースで構成。「驚きと感動!心が動く、向上見学」をテーマにした五感に訴える見学。AR(拡張現実)や600インチの超ワイド映像など4つの最新特殊映像が大好評!トリックアートなどの記念撮影コーナーも充実し、大人も子供も楽しむことができる。見学ツァー要予約。

 

〒452-8562 愛知県清須市寺野花笠100/ TEL:052-408-2000/ 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、臨時休業あり

キリンビール横浜工場/キリンビール(株)

約19万㎡の敷地に、キリン社最大を誇る工場を始め、市民が芝生の中に入って自由にくつろげる緑地庭園、マリンイメージのビアレストラン、明治初期のビール醸造所をイメージしたレンガ造りのパブがある。

 

〒230-8628 横浜市鶴見区生麦1-17-1 キリンビール横浜工場内/ TEL:045-503-8250/ 休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)

サントリー九州熊本工場/サントリー酒類(株)

業界初の本格的なハイブリッド工場として2003年に竣工。ビールや発泡酒に加え、ウーロン茶やコーヒーといった清涼飲料の製造工程が見学できる。見学後の「ザ・プレミアム・モルツ」試飲はもちろん、敷地内のレストラン「ビールの森」では、できたて地ビール「阿蘇」も楽しめる。


〒861-3104 熊本県上益城郡嘉島町大字北甘木字八幡水478/ TEL:096-237-3860/ 休館日:不定

サントリー京都ビール工場/サントリー酒類(株)

歴史の香りが名残をとどめる京都長岡京にある工場。仕込室では実際に使用している釜の中の様子を見学できる。案内スタッフによるビールの製造工程案内やこだわりの「ザ・プレミアム・モルツ」の試飲などが楽しめる。


〒617-8530 京都府長岡京市調子3-1-1/ TEL:075-952-2020(受付9:30~17:00)/ 休館日:不定

サントリー白州蒸溜所・サントリー天然水白州工場/サントリー酒類(株)・サントリープロダクツ(株)

南アルプス・甲斐駒ヶ岳山麓に位置しており、ウイスキーの蒸溜所では『シングルモルトウイスキー白州』の、サントリー天然水白州工場では『サントリー天然水』の製造工程を紹介している。また、場内にはウイスキー博物館や森の中でのバードウォッチングが楽しめるバードサンクチュアリがある。


〒408-0316 山梨県北杜市白州町鳥原2913-1 サントリー白州蒸溜所ご案内係/ TEL:0551-35-2211/ 休館日:臨時休業有

サントリー武蔵野ビール工場/サントリー酒類(株)

サントリー最初のビール工場。ビールができるまでの工程を見学できる熱気あふれる仕込釜の見学が人気。見学後は、できたての「ザ・プレミアム・モルツ」の試飲が楽しめる。所要時間は約60分。


〒183-8533 東京都府中市矢崎町3-1/ TEL:042-360-9591/ 休館日:不定

サントリー山崎蒸溜所/サントリー酒類(株)

日本ではじめてのウイスキー蒸溜所。製造工程を見学、無料試飲できるガイドツアーに加え、ウイスキーの魅力や歴史に触れることができる『山崎ウイスキー館』の見学も可。


〒618-0001 大阪府三島郡島本町山崎5-2-1/ TEL:075-962-1423/ 休館日:臨時休業有

シャトー・メルシャン/メルシャン(株)

日本のワインの魅力や歴史、ブドウ栽培、ワイン造りなどを楽しみながら学ぶことができる(見学ツアー有料・要予約)。ワインとワンプレートメニューやデリなどが楽しめる「ワインギャラリー」が新設。


〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1425-1/ TEL:0553-44-1011/ 休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

シャトレーゼベルフォーレワイナリー/(株)シャトレーゼベルフォーレワイナリー

山梨県茅ヶ岳の麓にたたずむワイナリー。醗酵から瓶詰めまで加熱処理をせず、ワイン本来の風味を生かすワイン造りを行っている。雄大な南アルプスを見ながらワインの試飲やオリジナルチーズの試食ができるほか、手作り限定ケーキ、チーズなどを購入することもできる。


〒400-0105 山梨県甲斐市下今井1954/ TEL:0551-28-4451/ 休館日:無

積水ハウス 総合住宅研究所 納得工房/積水ハウス(株)

一般の住宅展示場のような視覚情報だけでなく、手で触れたり身体で感じるなど、五感をフルに活用した体験の中から住まいの知識を得ることができる。「性能」「生涯住宅」「収納」「設備」「階段」「キッチン」「コーディネーション」「照明」「庭」などのゾーンで構成されている。要電話予約。


〒619-0224 京都府木津川市兜台6-6-4/ TEL:0120-710925/ 休館日:祝日、夏期休暇

日産自動車 追浜工場/日産自動車(株)

1961年に日本初の本格的な乗用車工場として操業を開始。1970年には業界初の溶接ロボットを導入。ノート、キューブ、ティーダなど、高品質なエコカー中心の小型車を生産する拠点で、1つのラインでこれらを効率よく生産する、混流ラインをいち早く採用している工場。


〒237-8523 神奈川県横須賀市夏島町1 追浜工場ゲストホール/ TEL:046-867-5013/ 休館日:土・日曜日、長期休暇あり

日産自動車九州株式会社

1975年に九州初の自動車生産工場として生産を開始。2000年には工場内に日産専用外航埠頭を開港し、工場・車両保管場所・船積みが一体地にて可能となっている。セレナ、ノート、エクストレイルなどを生産する、日産の国内工場で最大の生産能力を持つ工場。

 

〒800-0395 福岡県京都郡苅田町新浜町1-3/ TEL:093-435-1137(九州工場ゲストホール)/ 休館日:土・日曜日、長期休暇あり

日産自動車 栃木工場/日産自動車(株)

1968年に操業を開始。日産の国内工場では最も大きな面積を誇り、各種テストコースも有している。鋳造、車軸、車両まで一貫したモノづくりで、フーガ、スカイライン、フェアレディZ、GT-Rなど、日産を代表する高級車やスポーツカーを生産している。


〒329-0692 栃木県河内郡上三川町上蒲生2500/ TEL:0285-56-1214(栃木工場ゲストホール)/ 休館日:土・日曜日、長期休暇あり

雪印メグミルク 野田工場/雪印メグミルク(株)

国内にある乳業工場の中でも自動化はトップクラス。機器の現物やイラストなどで製造工程をわかりやすく解説。太陽光パネルなどの環境対応設備も必見(要電話予約)。

 

〒278-0013 千葉県野田市上三ヶ尾字平井256-1/ TEL:04-7122-2246/ 休館日:水・土・日曜日、祝日、年末年始

味の素(株)川崎工場/味の素(株)

東京ドーム8個分の広大な敷地内をバスで移動しながら、風味調味料「ほんだし」をメインに製品の製造工程などを見学できる。資料展示室では「おいしさ」の秘密、「だし・うま味」に関する基礎知識を始め、環境への取り組みなどを紹介。売店では限定アイテムなども購入できる。下記URLより要予約。入場無料。※都合により工場稼働停止、見学内容の変更あり。

 

http://www.ajinomoto.co.jp/ktb/kengaku/kawasaki/

 

〒210-0801 川崎市川崎区鈴木町1-1  休館日:日曜、年末年始、その他工場操業カレンダーに準ずる。

ANA機体工場見学

羽田空港にあるANAの整備工場が無料で見学できる。飛行機はなぜ飛ぶのか? といった解説や、構造についての説明を受け、ビデオ上映を見たあと、飛行機の格納庫へ。間近で見る飛行機の大きさと迫力に驚かされる。非常に人気が高い見学なので、下記のホームページから早めの予約が必要。

 

http://www.ana.co.jp/cp/kengaku/

 

〒144-0041  東京都大田区羽田空港3-5-4  休館日:土・日曜、祝日、年末年始、その他休業日(ホームページにて事前案内)

雪印メグミルク 京都工場/雪印メグミルク(株)

京都市内から車で40分ほど北西に向かうと、初夏には蛍が乱舞する美しい町・八木町がある。自然豊かな田園地帯の中の工場で、紙パック入りの牛乳とヨーグルトの製造工程、品質管理室の見学ができる。要電話予約。

 

〒629-0161 京都府南丹市八木町美里紫野1/TEL:0771-43-2150/休館日:土・日曜、祝日、年末年始

ページの先頭へ

このページの先頭へ