2017年度「PRアワードグランプリ」募集概要

award003

趣旨

パブリックリレーションズの活動事例を広く募集し、審査を通じて優秀な活動を表彰・公開し、日本のコミュニケーション技術の質的向上に資するとともに、パブリックリレーションズに対する一層の理解促進を図る。

主催 : 公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会

後援 : 経済産業省・日本広報学会・公益社団法人日本広報協会

 

エントリー案件

企業・団体が実施または参加したコミュニケーション活動
(現在も継続中であれば過去のエントリーも可)

対象期間

最近1年間に成果が上がった活動(複数年にわたり現在でも継続している活動も含む)

応募部門

 コーポレート・コミュニケーション部門

社会の支持と理解を得て、企業・公共機関・団体の活動を円滑に推進するためのコミュニケーション活動

※日常的な広報・PR活動、ブランディング、レピュテーションマネジメント、危機管理対策など

 マーケティング・コミュニケーション部門

商品・サービスの開発、市場への参入・規模拡大を望ましい形で展開していくためのコミュニケーション活動

※イベント・キャンペーン、パブリシティ、ウェブサイト、ソーシャルメディア(ブログ、フェイスブック、ツイッターなど)、各種アプリ、カスタマーリレーション施策など

 ソーシャル・コミュニケーション部門

社会の重要な構成員として企業・公共機関・団体の果たす社会的役割の訴求や社会貢献、積極的に社会の発展や環境の維持発展などを目的としたコミュニケーション活動

※CSR活動、環境コミュニケーション、NPO、NGO活動など

 インターナル・コミュニケーション部門

組織内における所属員へのビジョンの浸透、価値観の共有、行動喚起、内部コミュニケーションの活性化など、インターナル・ターゲットに対する広義のコミュニケーション活動 ※ 内部向けコミュニケーションシステム、ツールの開発、継続的な内部向けイベントメディアを通した活動など

 調査・研究部門

独創的なアイデアや手法で広報・PR領域における調査研究・理論構築を行い、業務の発展に寄与貢献した活動
※ PR領域における調査・研究活動とその理論化・情報発信、PRパーソンの人材育成、業務マネージメント、およびサービス・技術・システム・ツールなどの開発や実践

スケジュール

    • 募集開始 : 2017 年9 月1 日(金)~
    • 早期エントリー締切 : 2017年9月29日(金)
    • 最終エントリー締切 : 2017年10月24日(火)17:00必着
    • グランプリ候補選出審査・結果通知 : 2017年11月中旬~下旬
    • グランプリ選出審査会・表彰式 : 2017年12月6日(水)

エントリー方法

① 「PRアワードグランプリ」 エントリーフォームに必要事項を入力し、エントリーシートを添付してエントリーしてください。 エントリーシートの記入方法につきましては【エントリーシート注意事項】をご参照ください。

エントリーボタン

 

 

 

 

 

※「エントリーシート注意事項」は以下よりダウンロードしてください。

「PRアワードグランプリ」エントリーシート注意事項

 

② エントリー完了後に、ご指定の宛先にエントリー料のご請求書を送付いたします。 既定の振込み期限までにエントリー料のお振込みをお願いいたします。
※ 振込み期限までにご入金いただけない場合はエントリー失格となる場合がありますので、ご注意ください。
【振込み期限】 : 2017年11月15日(水)

エントリー手順と審査会の流れ

1. エントリー案件のクライアントの承認について

PR会社主体で応募される場合は、事前にクライアントの承認を得ていただきます。

2. エントリーシートをご記入ください

エントリーシートを以下よりダウンロードしていただき、必要事項をご記入ください。

補足資料としてプレゼンテーションボードを添付することができます。用紙向きは縦・横どちらでも結構です。下記いずれかの書式をダウンロードしてご利用ください。

※ プレゼンテーションボードの提出は任意です。提出しない場合は削除してください。

※ エントリーシートの内容に関しては、事務局から事実確認や、エビデンスの提出を依頼する場合があります。

※ エントリーシートとプレゼンテーションボードはPDF化せず、Word形式で2メガ以内の1ファイルでご提出ください。

 

エントリーシートボタン

 

 

 

 

エントリーシートボタン横

 

 

 

 3. エントリーフォームにご登録ください

「PRアワードグランプリ」 エントリーフォームに、必要事項を入力し、エントリーシートを添付してエントリーを完了してください。
※ エントリー情報は正確にご記入ください。
※ 添付ファイルが開けない、文字化けしているといった場合は再送いただく場合がございます。

 4. エントリー完了通知を送付します

エントリー受付後、ご担当者様宛にメールで受付完了のご連絡をいたします。 メールが届かない場合はエントリーが正常に完了していない場合がありますので、お手数ですが事務局までお問合わせください。

 5. エントリー料をご入金ください

エントリーは、有料です。
エントリー完了後、ご指定の宛先に請求書を送付しますので、振込み期限までにエントリー料のお振込みをお願いいたします。

 6. グランプリ候補選出審査の結果発送

審査終了後、審査結果をご担当者にメールにてご連絡いたします。

 7. グランプリ選出審査でプレゼンテーション

グランプリ候補選出審査を通過したエントリーについては、12月6日(水)に実施されるグランプリ選出審査会でプレゼンテーションしていただきます。

 8. 表彰式について

表彰式は12月6日(水)のグランプリ選出審査終了後に引き続き、同会場で行います。

 

エントリー料

早期エントリー : 10,800円/1エントリー(消費税込/振込手数料別途)
最終エントリー : 21,600円/1エントリー(消費税込/振込手数料別途)
※ 9月1日(金)~9月29日(金)までの受付記録があるものには早期エントリー料が適応されます。

振込み期限 :2017年11月15日(水)

【振込先】

三菱東京UFJ銀行 築地支店 普通 4254865
公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会

【ご注意】

・ 振込み期限までにご入金いただけない場合はエントリー失格となる場合がありますので、ご注意ください。
・ 一度振込まれた料金は返金いたしかねますので、振込金額をご確認の上お振込みください。
・ お振込みの際には、必ず請求書記載の請求書番号をお振込み会社名の前にご記載下さい。
・ 振込手数料は、エントリー者様のご負担となりますのでご了承ください。
・ 早期エントリー期間終了後、最終締切りまでの間であればエントリーシートの差し替えは受け付けますが、早期エントリー締切を過ぎての差し替えは追加料金(10,800円)をご請求いたします。

審査方法と審査員

グランプリ候補選出審査、グランプリ選出審査の2つのステップを通じて厳正に審査を行います。

STEP1. グランプリ候補選出審査

審査委員長のもと、9名の審査委員で審査団を構成。一堂に会して議論形式で部門横断で全エントリーを審査し、グランプリ選出審査に進むエントリーを発表します。

■審査団(敬称略/氏名50音順)

審査委員長

嶋 浩一郎 株式会社博報堂ケトル 代表取締役社長・共同CEO

 

審査委員

雨宮 和弘 クロスメディア・コミュニケーションズ株式会社 代表取締役
上岡 典彦 株式会社資生堂 コーポレートコミュニケーション本部 広報部長
遠藤 祐 株式会社オズマピーアール 取締役副社長
小林 右樹 一般社団法人 企業研究会 研究協力員
高梨 修 公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会 顕彰委員会 委員/ホヌ プランニング 代表
中里 忍 ブルーカレント・ジャパン株式会社 戦略PRプランナー
松本 洋司 株式会社電通パブリックリレーションズ 関西支社 プランニング&コンサルティング局局長
吉宮 拓 株式会社プラップジャパン 執行役員 第2コミュニケーションサービス本部 本部長

 

STEP2. グランプリ選出審査

グランプリ選出審査では、グランプリ候補選出審査を通過したエントリーについて各エントリー企業・団体からのプレゼンテーションを行います。 審査には、グランプリ候補選出審査の審査団に加え、特別審査員が加わり、「グランプリ」「ゴールド」「シルバー」の各賞を決定します。

<グランプリ選出審査概要>

開催日 : 12 月6日(水)
時間 : 13:30~18:00(予定)
会場 : 六本木アカデミーヒルズ49 「オーディトリアム」

※詳細は、ノミネートされた候補者に個別にご連絡いたします。

<グランプリ選出審査 審査員>

■審査団(敬称略/氏名50音順)

審査委員長

嶋 浩一郎 株式会社博報堂ケトル 代表取締役社長・共同CEO

審査委員

雨宮 和弘 クロスメディア・コミュニケーションズ株式会社 代表取締役
上岡 典彦 株式会社資生堂 コーポレートコミュニケーション本部 広報部長
遠藤 祐 株式会社オズマピーアール 取締役 副社長
小林 右樹 一般社団法人 企業研究会 研究協力員
高梨 修 公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会 顕彰委員会 委員/ホヌ プランニング 代表
中里 忍 ブルーカレント・ジャパン株式会社 戦略PRプランナー
松本 洋司 株式会社電通パブリックリレーションズ 関西支社 プランニング&コンサルティング局局長
吉宮 拓 株式会社プラップジャパン 執行役員 第2コミュニケーションサービス本部 本部長

特別審査員

阿久津 聡 一橋大学大学院 国際企業戦略研究科教授
大宅 映子 ジャーナリスト・評論家・コメンテーター
田中 里沙 事業構想大学院大学 学長/宣伝会議 取締役メディア・ 情報統括

 

 

表彰と副賞

グランプリ  : 1点(トロフィーを授与)
ゴールド   :2点(トロフィーを授与)
シルバー   :5点(トロフィーを授与)
ブロンズ   :7点(表彰状を授与)

エントリー部門ごとに分けた審査・表彰は行いませんので、予めご了承ください。
※ エントリー部門は応募イメージをわかりやすく示し、応募者をサポートするためのカテゴライズとなります。

その他

「PRアワードグランプリ」上位入賞者は下記をはじめとする協会活動にご協力いただきますので、ご了承ください。
(1)PR協会Webサイトで受賞者の発表および活動内容の紹介(エントリーシートの公開を含む)。
(2)協会出版物(「PR Yearbook」「協会ニュース」など)にて受賞者の発表および活動内容の紹介。
(3)PR協会主催のセミナー等で、エントリーの活動内容の紹介をしていただく場合があります。
(4)今後のPRアワードグランプリなどに関する告知・啓発活動にご協力をお願いする場合があります。
(5)展示会へのパネル出展にご協力いただく場合があります。

 

お問い合わせ

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会
〒106-0032 東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー5F
【TEL】03(5413)6760
【FAX】03(5413)2147
【E-mail】award@prsj.or.jp
【担当】  福家・渡邉・木崎

 

※ 上記の内容につきましては、変更する場合がございますので、予めご了承ください。なお、変更があった場合は、当ホームページ内で告知いたします。

このページの先頭へ