個人情報保護法について

個人情報の取扱について

ここでは、利用者がこのサイトをご利用いただいたときに、公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会(以下、「当協会」と表記)に対して提示される可能性がある、個人情報について当協会の方針を説明します。

 

基本方針

利用者が氏名・住所・電子メールアドレス・電話番号・ファックス番号、あるいは身分証明等の個人情報を当協会のウェブサイト上で入力された場合、或いは機密保持契約を結んだ協力企業より利用者の個人情報が提供された場合、これら個人情報は当協会の厳格なセキュリティーおよび機密保持基準に従っ て管理いたします。利用者の同意なく、弊局および機密保持契約を結んだ協力企業以外に利用者の個人情報を開示することは原則として致しません。

但し、以下のケースにおいて個人情報を開示する場合があります。

  • 利用者が、個人情報の開示に同意している場合。
  • 法令により開示を求められた場合。
  • 当協会が、本サイトの利用動向分析のために収集した統計個人情報(個人を特定できない情報)を開示する場合。


個人情報の第三者への提供について

当協会のウェブサイトに掲載される、当協会または広告の広告主等第三者が実施するアンケートや懸賞、その他情報提供等につきましては、当該アンケート等の実施に際して、利用者の個人情報の取り扱いについて及び当該情報を第三者に提供する旨等を表記します。


クッキーについて

当協会のウェブサイトでは、よりよいサービスを提供し、セキュリティーを確保するために、”クッキー” を使用することがあります。クッキーというのは、 ウェブサイトが利用者のPCのウェブブラウザに送り込む識別情報のことで, 複数のリクエストを関連づけるために使用するものです。クッキーを読むことができるのは、そのクッキーを設定したウェブサイトだけです。当協会ではクッ キーを多くの管理目的に使用しています。たとえば、利用者の希望する情報の種類を記憶したり、当協会のサイトを開く都度入力しなくてもすむようにするため に使用されています。
ほとんどのクッキーは1つのセッション、あるいは1回のビジットの間だけのものです。電話、電子メール、あるいは郵便などによって、誰かが利用者に連絡できるような情報は含まれません。ブラウザによっては、クッキーがセットされた時にお客様に通知するような設定や、クッキーがセットされないように設定が可能なものがあります。


インターネットの一般的な注意事項

インターネット上で自発的に個人情報を開示した場合、その情報は他の利用者によって収集され使用される可能性があることにご注意ください。誰もがアクセスできるインターネット上に個人情報を公開すれば、そこに掲示された情報をもとに、望ましくないメッセージを受け取る可能性があります。利用者はご自分の責任において情報を発信してください。また、当協会のサイトを通じてアクセスできる第三者のウェブサイトおよびサービス、あるいは懸賞や販売促進活動など を通してデータを収集しているサイトなど、これらは当協会から独立した個々の独立したプライバシーに関しての規約やデータの収集規定あるいは活動方針を 持っています。当協会はこれらの規約や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます。

このページの先頭へ