BCP

企業が災害や事故などの不測の事態に見舞われても、重要業務を可能な限り中断させず、中断した場合においても目標とする復旧時間内に重要事業を復旧させるための計画(事業継続計画)。BCP策定に際しては、継続すべき必要最小限の業務を明らかにし(重要業務の明確化)、この業務をいつまでに再開させるか(目標復旧時間)をあらかじめ決定する。その後、企業を取り巻く脅威(地震、新型インフルエンザ等)を洗い出し、脅威が発生した場合の被害を想定することで、重要業務を継続するための課題と必要な対策、継続するための方法を明らかにする。これらの対策と教育訓練を通した改善活動を実施することで、常に経営環境に即したBCPを維持できる(=BCM)。

Posted in: ハ行の用語


このページの先頭へ