風評被害

風評被害とは「根拠のない噂のために受ける経済的被害」の事をいう。社会に広がる噂・デマなどの風評やマスコミによる事実誤認・憶測・誹謗中傷などの報堂は、企業にとって大きなリスクとなる。このため、金融商品取引法(2006年に証券取引法から改題)では、投資家が投資判断するために企業情報は十分に開示されなければならないと規定し、同時に投資家の投資判断を惑わすような虚偽の情報や未確認情報を流してはいけないとする禁止行為を設けている。これが「風説の流布」で、相場変動を図るような噂の報道は禁止され、違反すると10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金に処される。企業は「風説流布」の動きを知ったとき、証券取引等監視委員会に通報することができる。

Posted in: ハ行の用語


このページの先頭へ