新聞広告倫理綱領

日本新聞協会が1958年に制定した新聞広告掲載に関する倫理基準を定めたもの。新聞広告の及ぼす社会的影響を考え、不当な広告を排除し、読者の利益を守り、新聞広告の信用を維持、高揚するための基本的原則として、「真実を伝える」「紙面の品位を損なわない」「関係諸法規に違反しない」の3つがある。

Posted in: サ行の用語


このページの先頭へ