放送倫理基本綱領

日本放送協会(NHK)と日本民間放送連盟が1996年に定めた放送に関する倫理規定。放送の公共性を重んじ、社会的影響の大きさを自覚して、公正を保持し、適正で品位ある表現を心掛けること、報道は事実を客観的かつ正確、公平に伝えること、民間放送の場合は広告の内容が事実であり、視聴者に役立つように注意を払うことなどをうたっている。

Posted in: ハ行の用語


このページの先頭へ