リスク・マネジメント(Risk Management)

危機管理。環境の変化、事故、災害などが発生した事態を想定し、それぞれの事態に対応した策を講じておくこと。不測事態の例としては、国際関係の変動、政治的変動、法的規制、経済的変動、社会的変動、業界変動、社内的変動、自然界の変動がある。広報においては日ごろから、可能性の高い緊急時を想定し、社内広報体制、確認事項と発表内容、報道関係者への施設提供、電話対応、緊急時の連絡リストなどをまとめた緊急広報マニュアルを作成しておくことが望ましい。関連した用語に以下のものがある。「コンティンジェンシー・プラン(Contingency Plan)」(不測の事態に対応するための事前計画)。「スタンバイ・コミュニケーション(Standby Communications)」(万一の際に備えて用意されたPRのためのプラン)。「ディザースター・コンティンメント・プラン(Disaster Containment Plan)」(災難抑制計画。不慮の出来事をカバーするための事前計画)。

Posted in: ラ行の用語


このページの先頭へ