ユニバーサル・デザイン(Universal Design)

言語や文化、性別年齢などの違いや能力の差、障害の有無などを問わず、誰もが容易に利用できる商品やサービス、機能、情報、設備をデザインすること。障害者を対象としたバリアフリーの概念を発展させたもので、「できるだけ多くの人々が利用可能なようにデザインすること」がその基本コンセプトである。ノースカロライナ州立大学で提唱されたユニバーサル・デザインの7原則とは、①誰でも公平に使えること、②使ううえで自由度が高いこと、③使い方が容易でわかりやすいこと、④必要な情報がすぐにわかること、⑤うっかりミスが危険につながらないこと、⑥身体への負担が少ないこと、⑦接近や利用のための十分なスペースを確保することである。

Posted in: ヤ行の用語


このページの先頭へ