フェアトレード(Fair Trade)

中南米やアフリカ、アジアなどの途上国の農村地域や都市部のスラムに暮らす貧しい人々に仕事の機会を提供し、その生産品を公正に取り引きすることで、弱者が自らの力で暮らしを向上させることを目的とした貿易のパートナーシップ。小規模農家や手工芸職人などに継続的な仕事をもたらし、農薬や化学肥料に頼らない農作物や、天然素材と伝統技術を活かした工芸品などの事業をよりよい労働環境で営むことをサポートする。1989年には大規模小売店を中心に「フェアトレード・ラベル」商品の取り扱いが始まり、徐々にだが、同商品の売り上げは増加しつつある。代表的な認証製品には、コーヒー、紅茶、バナナ、チョコレートなどがあげられる。オルタナティブ・トレード(Alternative Trade)ともいう。

Posted in: ハ行の用語


このページの先頭へ