パブリック・インボルブメント(Public Involvement)

元来、アメリカの都市再開発においての住民参加システムを指す。行政側が計画に関する議論のたたき台をキックオフレポートとして準備し、それに対する住民の意見をボイスレポートとしてまとめ、双方を踏まえた有識者などの意見をもとに新しい計画を立案、公表する。日本では、1998年の建設白書に初めて盛り込まれ、街作りの意思決定に市民が参加する仕組みができた。この動きは2002年の都市計画法改正などに見る住民参加の動きにつながっている。地方自治と広報の役割を考えるうえでも重要な仕組みである。

Posted in: ハ行の用語


このページの先頭へ