ソーシャル・インパクト・ボンド(Social Impact Bond)

2010年に英国で発祥した官民連携の社会的投資のスキーム。
(1) 投資家による投資の償還は、事業の社会的成果に基づいて変動し、元本を失うケースもある。
(2) 公共サービスのコスト削減や業務効率の向上、新しいイノベーションの促進等を目的として導入され、ファンドが社会的事業運営に直接に経営支援等の関与を行うなどの特徴がある。

Posted in: サ行の用語


このページの先頭へ