サプライ・チェーン・マネジメント(Supply Chain Management)

製品が、原材料からさまざまな工程を経て消費者の手に渡るまでのすべての工程をサプライ・チェーンと呼び、この効率を高めるための計画・管理をサプライ・チェーン・マネジメントという。これまで、経営効率を高めるための情報共有化や物流システムの構築などが主眼となっていたが、ナイキのベトナムにおける不法就労問題や食品の産地偽装問題など、チェーン内での不祥事が明るみに出るにおよび、CSRの観点から、環境や人権、品質と安全、地域貢献などのファクターを組み込んだサプライ・チェーンを再構築する企業が増加している。このような変化の要因として、チェーンのグローバル化やそれに伴うグローバル規制強化、消費者の意識の高まりなどがあげられる。

Posted in: サ行の用語


このページの先頭へ