クライシス・コミュニケーション(Crisis Communication)

不測の事態を未然に防止するための、そして、万一不測の事態が発生した場合にその影響やダメージを最小限に止めるための『情報開示』を基本とした、ステークホルダーへの迅速かつ適切なコミュニケーション活動。2000年に立て続けに起こった企業の不祥事とその対応のまずさがクローズアップされたことから、クライシス・コミュニケーションの重要性がクローズアップされる結果となった。

Posted in: カ行の用語


このページの先頭へ