カーボンフットプリント

製品の原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでに排出されるCO2排出量を、製品にわかりやすく表示する仕組みである。製品を生産する事業者と購入する消費者の間で、CO2排出量削減行動への「気づき」を恐竜することを目的としている。日本では、事業者が算定したカーボンフットプリントを認証し広く消費者に理解を促すため、2009年度~2011年度に経済産業省により施行事業が行われた。現在は「CFPコミュニケーションプログラム」として民間運用されている。

Posted in: カ行の用語


このページの先頭へ