イエロー・ジャーナリズム(Yellow Journalism)

約1世紀前にアメリカで台頭した、センセーショナルな内容のジャーナリズム。センセーショナルな記事を狙うあまり、信頼性に乏しい記事まで掲載する傾向が強い。イエロー・ジャーナリズムの共通点は、「アンチ・エスタブリッシュメント(反体制)」を掲げ、政府や大企業を攻撃し、一般大衆の支持を狙った点にある。新聞王ハーストやピューリッツアー賞で知られるピューリッツアーも、当時はイエロー・ジャーナリズムに傾倒していた。

Posted in: ア行の用語


このページの先頭へ