イエロー・ジャーナリズム(Yellow Journalism)

19世紀末にアメリカで台頭した、センセーショナルな内容のジャーナリズム。「アンチ・エスタブリッシュメント(反体制)」を掲げ、政府や大企業を攻撃し、一般大衆の支持を狙ったセンセーショナルな記事が多い。新聞王ハーストやピューリッツァー賞で知られるピューリッツァーも、当時はイエロー・ジャーナリズムに傾倒していた。

Posted in: ア行の用語


このページの先頭へ