ニュースリリース

2016.12.15

-2016年度日本PR大賞が決定-

「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」に 小池百合子氏(東京都知事)
「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」に くまモン(熊本県マスコットキャラクター)
-2016年度日本PR大賞が決定-

 

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会(略称:日本PR協会 理事長:近見竹彦)はこのほど、2016年度の「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」に東京都知事の小池百合子氏を、「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」にくまモン(熊本県マスコットキャラクター)をそれぞれ選出、表彰することを決定いたしました。

日本PR大賞は、広報・PRの視点から毎年もっとも活躍した人を「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」として、また地道で独創的な広報・PR活動を通じて地域社会の発展に貢献した個人または組織を「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」として表彰するもので、1998年に日本PR大賞として創設して以来、年1回の表彰を行っています。

なお、本年度の「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」両賞の選考・授賞理由は次のとおりです。

なお、同賞の授賞・表彰式は新年1月25日、当協会が開催する「新春PRフェスタ2017」において行います。

 

「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」

■受賞者    小池百合子氏(東京都知事)
■授賞理由  2016年7月31日、東京都知事選挙で見事に当選を果たした小池百合子氏。
知事就任後も過去のしがらみを断ち、都民目線に立った一連の改革姿勢が広く都民の支持を獲得している。
透明性の高い、開かれた都政の実現に向けて、都政の『見える化』に向けて積極的な情報開示に取り組んでおり、とりわけ都民との対話を重視した双方向のコミュニケーションを目指す姿勢は、まさにPR(パブリックリレーションズ)の原点であり、PRの潜在力を社会に示した功績は大きい。

<小池百合子氏 略歴>

1952年、兵庫県芦屋市生まれ。エジプト留学を経てアラビア語通訳として活動。
その後、TVキャスターとして活躍、テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』の初代メインキャスターを務めた。
1992年、参議院議員に初当選。翌93年、参議院議員を辞職し衆議院議員総選挙に出馬し、当選。同年、細川内閣で総務政務次官に就任。1999年、小渕内閣で経済政務企画次官。2003年、小泉内閣では環境大臣として初入閣、その後、内閣府特命担当大臣を兼務。2006年、第1次安倍内閣で内閣総理大臣補佐官を務めた後、2007年、防衛大臣に就任。
2016年7月、東京都知事選挙に立候補し、当選。2位以下を大きく引き離し291万票を獲得し、女性初となる第20代東京都知事に就任している。

 

「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」

■受賞者   くまモン(熊本県マスコットキャラクター)
■授賞理由  熊本県が2010年から「くまもとサプライズ」キャンペーンで展開している熊本県PRマスコットキャラクター。
“熊本県の営業部長兼しあわせ部長”で、2011年ゆるキャラグランプリの王者。関連商品の売上は2015年度に1000億円を超えたといわれ、その経済効果からアベノミクスならぬ「くまモミクス」という言葉も生まれた。
先の熊本地震では、復興のシンボルとして精力的に活動を続け、被災者を訪ねてはコミカルな動きで笑いをとりながら支援の輪を広げ、避難生活を送っている人びとを勇気づけた。

<くまモン プロフィール>(くまモンオフィシャルHPから引用)
生まれたところ:熊本県
誕生日:3月12日(九州新幹線全線開業の日)
性別:オスじゃなくて男の子!
年齢:ヒミツ(5歳というのは都市伝説)
性格:やんちゃで好奇心いっぱい
とくいわざ:くまモン体操とサプライズを見つけて広げること。
お仕事:いちおう公務員。知事から熊本県の営業部長兼しあわせ部長に抜擢。 くまモンサプライズを広めることで大好きな熊本の魅力をみんなに伝えるんだモン!
出没するところ:だれかをハッピーにしたいという想いがあるところ

 

●この件に関するお問い合わせは下記までお願いします。

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会
担当: 福家・縮(ちぢみ)
TEL:03-5413-6760

ご参考資料①  日本PR大賞とは/歴代受賞者

ご参考資料②  (公社)日本パブリックリレーションズ協会について

ニュースリリース(PDF)

2014.11.25

このページの先頭へ