ニュースリリース

2016.09.02

2016年度「PRアワードグランプリ」審査体制を一新して9月1日からエントリー募集開始

2016年度「PRアワードグランプリ」
審査体制を一新して9月1日からエントリー募集開始
~審査委員長に博報堂ケトル嶋氏~

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会(理事長:近見竹彦)は、2016年度「PRアワードグランプリ」のエントリー募集を開始いたします。

PRアワードグランプリは、一般企業の広報部門やPR会社が実施するコミュニケーションプロジェクト(広報・PR活動)の事例を広く募集し、審査を通して優秀な活動を表彰・公開するもので、わが国におけるコミュニケーション技術の質的向上とパブリックリレーションズに対する一層の理解促進を目指しており、2001年にスタート、本年度で16回目を迎えます。

今年度は、これまで応募部門ごとに行われていた審査体制を一新。博報堂ケトル共同CEOの嶋浩一郎氏を審査委員長とし、企業広報やPR関連会社で高い実績と経験を備えた合計8名の審査員団が、エントリー全作品をグランプリ選出まで一貫して選考に当たります。まさにPRのプロフェッショナルが部門の枠を超えて、PR業務の最高峰を選出するアワードの実現を目指します。

さらに今回、従来のエントリー部門に加えて「インターナル・コミュニケーション部門」を新設いたしました。一般企業・団体や自治体などが日常的に行っている内部向けのコミュニケーション部門を新設することで、一般企業・団体や自治体からもエントリーしていただきやすい部門構成といたします。

応募締切は10月31日(月)必着となっています。

●この件に関するお問い合わせは下記までお願いします。

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会
担当: 福家・渡邉・木崎
TEL:03-5413-6760

 

ニュースリリース(PDF)NewsRelease20160901

2014.11.25

このページの先頭へ