ニュースリリース

2017.11.16

2017年度「PRアワードグランプリ」「ブロンズ」受賞7エントリーを決定 「グランプリ」「ゴールド」「シルバー」の各賞を12月6日(水)開催の最終選考会で選出・決定

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会(理事長:近見竹彦)は、このほど、2017年度「PRアワードグランプリ」グランプリ候補選出審査会を開催し、12月6日に開催予定の最終選考会に臨むグランプリ候補8エントリーを選出いたしました。
あわせて「ブロンズ」受賞となる7エントリーを決定いたしました。
今年度のPRアワードグランプリには、75件のエントリーが寄せられ、PR(パブリックリレーションズ)への高い関心が示されました。部門別の応募内訳ならびに「ブロンズ」受賞7エントリーとグランプリ候補となった8エントリーの内訳は以下のとおりです。

≪部門別 応募内訳≫

コーポレート・コミュニケーション部門 : 16エントリー
マーケティング・コミュニケーション部門: 36エントリー
ソーシャル・コミュニケーション部門  : 16エントリー
インターナル・コミュニケーション部門 :  3エントリー
調査・研究部門            :  4エントリー
合計                 : 75エントリー
(2016年度は合計107エントリー)

≪ブロンズ受賞作品≫(7エントリー・エントリー順)

■ 社歌で中小企業を元気に! 中小企業、支援プロジェクト
(ソーシャル・コミュニケーション部門)
エントリー会社:株式会社電通パブリックリレーションズ/株式会社電通
事業主体:株式会社電通 (ウェブサイト名:HANJO×HANJO)

■ PRパーソン生まれの “味のメディア化” 『プリウス試乗味プロジェクト』
(マーケティング・コミュニケーション部門)
エントリー会社:株式会社電通/株式会社電通パブリックリレーションズ
事業主体:株式会社トヨタマーケティングジャパン

■ Banana Message
(マーケティング・コミュニケーション部門)
エントリー会社:電通ヤング・アンド・ルビカム株式会社
事業主体:株式会社ドール

■ おいしいプログラミング学習アプリ [ GLICODE® ]
(コーポレート・コミュニケーション部門)
エントリー会社:株式会社電通/株式会社電通パブリックリレーションズ
事業主体:江崎グリコ株式会社

■ 「定時退社訓練」byよなよなエール
~「働き方改革」に本音とユーモアで一石を投じて、国と企業と生活者を動かせ~
(コーポレート・コミュニケーション部門)
エントリー会社:株式会社電通デジタル
事業主体:株式会社ヤッホーブルーイング

■ LIXIL 「グローバルな衛生課題の解決」に向けて
(ソーシャル・コミュニケーション部門)
エントリー会社:株式会社LIXIL
事業主体:株式会社LIXIL

■ TRY! Noodle Cradle
検証!うどんをすする音で本当に赤ちゃんは泣きやむのか?
(コーポレート・コミュニケーション部門)
エントリー会社:株式会社電通
事業主体:香川県

≪グランプリ・ゴールド・シルバー候補≫(8エントリー・エントリー順)

以下の8エントリーの中から「グランプリ」「ゴールド」「シルバー」の各賞を決定しま
す。

■ 「ちょうどこの高さ。」
(ソーシャル・コミュニケーション部門)
エントリー会社:ヤフー株式会社
事業主体:ヤフー株式会社

■ WITH STAMP(=Your name with REDLIST Animals)
(マーケティング・コミュニケーション部門)
エントリー会社:株式会社アサツー ディ・ケイ/PARTY
事業主体:WWFジャパン

■ FISHERMAN CALL
(ソーシャル・コミュニケーション部門)
エントリー会社:株式会社電通
事業主体:社団法人フィッシャーマン・ジャパン

■ 一般社団法人日本アンガーマネジメント協会PR・プロモーションプロジェクト
(ソーシャル・コミュニケーション部門)
エントリー会社:株式会社サニーサイドアップ
事業主体:一般社団法人日本アンガーマネジメント協会

■ 7年間のロコモティブシンドローム啓発運動
~課題先進国だからこそできたCSVプラットフォーム~
(ソーシャル・コミュニケーション部門)
エントリー会社:ロコモ チャレンジ!推進協議会
(公益社団法人日本整形外科学会と株式会社博報堂のJV)
事業主体:ロコモ チャレンジ!推進協議会

■ この国に眠る 女性300万人の[潜在労働力]に活躍の場を。
主婦を活かす、新・マクドナルド人事戦略PR
(コーポレート・コミュニケーション部門)
エントリー会社:株式会社電通
事業主体:日本マクドナルド株式会社

■ 聞こえる選挙 | 東京都議選,衆議院選特設サイト
(コーポレート・コミュニケーション部門)
エントリー会社:株式会社電通
事業主体:ヤフー株式会社

■ 「業界の壁」を取り除く日本気象協会の共創型BtoBコミュニケーション
「気象」×「ビジネス」でサプライチェーン全体の位置づけを変える!
(コーポレート・コミュニケーション部門)
エントリー会社:一般財団法人日本気象協会/株式会社オズマピーアール
事業主体:一般財団法人日本気象協会

2017年度PRアワードグランプリ 「グランプリ選出審査会」 開催概要

〇日 時 2017年12月6日(水)13:30-17:45

〇場 所 六本木アカデミーヒルズ49 「オーディトリアム」

〇審査委員長  (敬称略)
嶋 浩一郎   株式会社博報堂ケトル 代表取締役社長・共同CEO

〇審査委員   (敬称略/氏名50音順)
雨宮 和弘   クロスメディア・コミュニケーションズ株式会社 代表取締役
上岡 典彦   株式会社資生堂 コーポレートコミュニケーション本部 広報部長
遠藤  祐   株式会社オズマピーアール 取締役副社長
小林 右樹   一般社団法人企業研究会 研究協力員
高梨  修   公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 顕彰委員会委員/ホ
ヌ プランニング 代表
中里  忍   ブルーカレント・ジャパン株式会社 戦略PRプランナー
松本 洋司   株式会社電通パブリックリレーションズ
関西支社 プランニング&コンサルティング局局長
吉宮  拓   株式会社プラップジャパン 執行役員 第2コミュニケーションサービス
本部 本部長

〇特別審査員 (敬称略/氏名50音順)
阿久津 聡   一橋大学大学院 国際企業戦略研究科教授
大宅 映子   ジャーナリスト・評論家・コメンテーター
田中 里沙   事業構想大学院大学 学長/宣伝会議 取締役 メディア・情報統括

〇進行(予定)
12:30 開場、受付開始
13:30 グランプリ候補8エントリーのプレゼンテーション
15:55 (coffee break)
16:10 トークセッション(審査員は別室で最終審査)
17:10 休憩
17:20 「グランプリ」「ゴールド」「シルバー」各受賞エントリーの発表
審査委員長および特別審査員による振り返り
17:45 終了

なお、引き続き同会場で「グランプリ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」各受賞エ
ントリーの表彰式を行います。

また、「PRアワードグランプリ」グランプリ選出審査会は公開で実施します。
聴講希望者は下記URLからお申し込みください。
※ 11月27日から受け付けを開始します。

https://39auto.biz/pr-shikaku/touroku/award_tyouko.htm

ただし席数に限りがあり、応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。
お席が確保できなかった方、及び当日受付の場合、立ち見となることがございますので、
予めご了承ください。

【この件に関するお問い合わせ先】
公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会
福家・渡邉・木崎
03-5413-6760
award@prsj.or.jp

ニュースリリース(PDF)

 

2014.11.25

このページの先頭へ