次代のPRパーソン育成に向けて(協会ニュース 2017年2月号より)

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会
理事   緒方宏俊

 

 

昨年6月より教育委員会副委員長を拝命いたしました。協会の諸先輩方のご指導ならびに教育委員の皆さんのご支援・ご協力をいただきながら、少しでも協会会員の皆様、広報・PRに携わる方々のお役に立てるよう、微力ながら邁進してまいる所存です。ご指導とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

教育委員会の活動は、若手プランナーや新人広報部員を対象にした「ベーシックPRコース」やメディアの方々をお招きしての「定例研究会」、「PRプランナー試験対応講座」など、次代のPRパーソン人材の育成を支援する各種セミナー・イベント等教育プログラムの企画・運営です。 さらにはそれらの教育活動を通して、協会の安定的事業基盤の構築と協会レピュテーションの向上にも貢献するべく、委員全員の豊富な経験・知見を総動員して、日々取り組んでおります。

 

とはいえ私自身は、PR業としての経験はあるものの、自社の広報部門マネージャーは初めてであり、教育委員会の活動を通して逆に勉強させていただきました。 会員企業の広報マネージャーの方々は、皆さん広報経験10数年という方が多く、会員の皆さんも経験豊富なスペシャリストばかりで何でも相談にのっていただける頼もしい存在ですが、いざ相談しようと思うと、「どこから聞いてよいものか? またはどこまで聞いてよいものか?」、そんなことを躊躇しているうちに 「今さら聞けない」、なんてことが少なからずありました。 そんな私自身の苦い経験をもとに、来年度は新任広報マネージャーを対象とした新講座を計画しています。 そのほかの各種講座・セミナーにおいても、激変するメディア環境や社会情勢に対応できるPRパーソンの育成を目指して、PRパーソン必須の普遍的な理論・スキルに加え、最新の手法や事例などを取り入れ、顕彰委員会や資格委員会の方々との連携もさらに深めながら、会員の皆様にとって魅力的なプログラムを開発してまいります。

 

最後にお願いがひとつ。 現在、教育委員会は委員8名のうち企業の会員は私ひとりです。PR業の専門的人材の育成と併せて、企業の次世代PRパーソンの育成に向けても企業側のニーズやご意見を取り入れていきたく、企業の広報担当の方々の教育委員会へのご参加を募集中でございます。

 

自分自身が習得したい新しいテーマでセミナーを企画したり、またはお話を聞きたい方を講師として提案し交渉するなど、特典もあります。 是非一度お声掛けください。よろしくお願いいたします。

 

このページの先頭へ