インターネットをもっと楽しく・安心してお使いいただくために 「J:COM あんしんネット教室」の取り組みについて(協会ニュース 2017年6月号より)

株式会社ジュピターテレコム プロモーション本部
関西プロモーション推進部プロモーショングループ

広報担当 田中優美

 

私どもジェイコムウエスト(J:COM)では、ケーブルテレビをはじめ、高速インターネット接続、固定電話、電力、モバイルに加えて、今年4月からは、大阪ガスの取次事業者として、J:COMガスの提供も始まり、暮らしに欠かせないさまざまなサービスを、地域の皆さまにお届けしています。

JCOMWest1CMでお馴染みの、白く、マシュマロのような不思議なキャラクター「ざっくぅ」は、ケーブルインターネット「ZAQ」のキャラクターです。インターネットを安全・安心・快適・便利にお使いいただけることを願って誕生したもので、CMをはじめ、パンフレットやキャラクターグッズなど、さまざまなシーンで、インターネットの「安心・安全」を楽しく、かわいくお伝えしています。

ジェイコムウエストでは、この「ざっくぅ」のコンセプトに基づき、2007年より、「J:COMあんしんネット教室」の開催に取り組んでいます。

「J:COMあんしんネット教室」は、地域の児童や生徒の皆さん、また、行政機関や教育関係者の方々を対象に、インターネットの安心で安全な利用方法についてわかりやすくお伝えするもので、これまでに、ジェイコムウエストのサービスエリア内 約200会場で、延べ400回を越える講座を開催してきました。

※ 2017年5月20日現在

JCOMWest2

最近では、スマートフォンやタブレットの急速な普及に伴い、SNSによるいじめや犯罪も急速に増加しており、インターネットをより安心・安全に利用するためのルールや正しい関わり方について、身近なニュースや具体的な事例を交えながら、わかりやすく解説するのが特徴です。

関西での主な教室で講師を務める粟津 千草(あわづ ちぐさ)は、取り組み当初から担当するベテランです。

 

 

JCOMWest3

 

 

講座に参加する子どもたちには「1日のうちネットやゲームで遊べる時間は何時間かな?」と問いかけたり、家族みんなのインターネットの利用時間を一覧表にし、使い過ぎについて考えてみたり、講座への参加をきっかけに、受講者の皆さんが、それぞれの家庭や職場で、改めてスマホやゲーム機など、ご自身と「インターネット」との関わりについて考え、話し合う機会を持てるよう工夫をしています。

参加した児童からのアンケートには「家に帰ったら、家族とインターネットの話をしてみます」という声や、「今日習ったことを、弟にも教えてあげようと思いました」という嬉しいメッセージを戴くことも。

 

今日もどこかで開催している「J:COMあんしんネット教室」には、たくさんの「ざっくぅ」がインターネットの安JCOMWest4心・安全を願って、子どもたちのまわりを、ふわふわと、楽しそうに飛んでいるかも?しれません。

きっとあのCMのように……。

このページの先頭へ