主要活動

教育・研修

・ 広報PRアカデミー

広報・PRの知識とスキルの習得を体系的に学ぶことを目的に、それぞれの経験レベル・目的に合わせたカリキュラムを、3つのコースで構成しています。( 詳細/お申込みはこちら

基礎コース 比較的経験の浅い広報・PR関係者、広報・PRについて基礎から学びたい方を主な対象とし、実務に必要な基本的な知識や実務スキルの習得を目的とするコース
専門・応用コース 業務に一定の経験を有する広報・PR関係者を対象とし、専門性の高い講義やグループワーク等の演習を通じて、広報・PRに関する高度な知識や実務スキルの習得を目的とするコース
PRプランナー試験対応コース 「PRプランナー認定資格」の取得を目的に、講義や演習を通じて合格に必要な知識やスキルの習得を目指すコース

定例研究会

毎月1回、マスメディアやオピニオンリーダーなどのキーパーソンを招き、タイムリーなテーマを取り上げて行います。( 詳細/お申込みはこちら

PRフォーラム

PRに関する重要なテーマを設定し、協会内外の講師によって様々な角度から問題を掘り下げます。

研修見学会・企業訪問

マスメディアの現場や企業の広報の現場を見学し、業務に役立てていただきます。

資格

広く社会の発展に寄与するPRパーソンとしての知識、スキル、職能意識を有することを認定する資格として「PRプランナー資格認定制度」を導入し、2007年からスタート。「PRプランナー」「准PRプランナー」「PRプランナー補」の3つの資格があります。(詳細はこちら

広報・出版

  • 協会活動の理解促進のため、会員向け情報誌として、月刊「PRSJ NEWS」(会員誌) を、またその年のPRがわかる「PR Yearbook」を年1回発行しています。
  • 広報・PR関連業務担当者をはじめ、マスコミ関係者などに向けたデータ集「PR手帳」を毎年発行しています。
  • PRプランナー資格認定制度の1次試験に準拠したテキスト「広報・PR概論」を2010年4月に、2011年3月には、2次・3次試験に準拠した「広報・PR実務」を、発刊。「過去問題集」を2012年4月に発刊した。
  • 広報・PR関係の文献や資料を収集し、いち早く新しい情報を提供しています。

調査

協会メンバー以外にも対象を広げた「PR業実態調査」などを実施し、公表しています。

データベース

PR業務に必要な各種データベース(「PR会社検索」「PR用語ミニ辞典」「PR関連団体」「企業の文化施設」等)を整備しています。

国際

  • アメリカをはじめ各国PR団体との情報交換、および各種イベントでの人的交流と情報交換をしています。
  • 日本PR協会主催で、PRや広報、メディアなどをグローバルな視点で捉えた特別「国際セミナー」などを開催しています。

交流

  • 夏季情報交換会、親睦ゴルフ会など、業種を越えた会員相互のコミュニケーションを図るため、各種の親睦会を開催しています。
  • 企業会員相互の自主的勉強会などのサークル活動やPR業の経営や業務に関わる問題を討議する勉強会の開催などにより、PRの質的向上を目指しています。

顕彰

パブリックリレーションズの基本理念であるパブリックインタレスト(公益)に貢献した人、あるいはそれぞれの分野でPRの視点から活躍した人を表彰する「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」と、「地道で独創的な広報・PR活動」の掘り起しを目的に、企業や団体で長年にわたり独創的な広報・PR活動を実践し、広く社会や地域の発展に寄与し、奨励に値する成果を収めた個人またはグループ(NPOを含む)を表彰する「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」、PR業務の成功事例を顕彰しPRの質的向上を目指す「PRアワードグランプリ」の3つの賞を実施しています。

新春PRフェスタ

新たなる年の第一歩を日本PR協会の行事で過ごしていただくために企画しました。当日は「新春PRフォーラム」と「新年懇親会」の構成で実施いたします。会員・非会員と問わずご参加いただけます。

このページの先頭へ