2017 12月日本パブリックリレーションズ協会

2017.12.26

2017年度日本PR大賞が決定

「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」に加藤一二三氏(棋士)
「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」に日本ブラインドサッカー協会
-2017年度日本PR大賞が決定-

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会(理事長:近見竹彦)はこのほど、2017年度の「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」に棋士の加藤一二三氏を、「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」に特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会をそれぞれ選出、表彰することを決定いたしました。

日本PR大賞は、広報・PRの視点から毎年もっとも活躍した人を「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」として、また地道で独創的な広報・PR活動を通じて地域社会の発展に貢献した個人または組織を「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」として表彰するもので、1998年に日本PR大賞として創設して以来、年1回の表彰を行っています。

なお、本年度の「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」両賞の選考・授賞理由は次のとおりです。
なお、同賞の授賞・表彰式は新年1月25日、六本木・国際文化会館で開催される「新春PRフェスタ2018」(主催:日本パブリックリレーションズ協会)において行います。

 

「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」

■受賞者 加藤一二三氏(棋士)
■授賞理由
1954年に当時の最年少・史上初の中学生プロ棋士となって「神武以来の天才」と称されて以来63年間、第一線で戦い続け、2017年に惜しまれつつ引退。
引退後は「ひふみん」の愛称で、さまざまなメディアにおいて将棋への情熱を独特の語り口で訴える姿は、将棋を知らない人たちに対しても広く関心を喚起し、平成における将棋ブームを牽引する原動力となった。

「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」

■受賞者 特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会
■授賞理由
ブランドサッカーを通じて、視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現するこという明確なビジョンのもと、16年以上にわたり、視覚障がい者スポーツの「ブラインドサッカー」の普及・定着化のために活動している。活発な情報発信、オープンな情報開示姿勢、コンテンツづくりの多様性など、PRの観点からも学ぶところが大きい。

 

●この件に関するお問い合わせは下記までお願いします。

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会
担当: 福家・渡邉
TEL:03-5413-6760

ご参考資料①  日本PR大賞とは/歴代受賞者

ご参考資料②  (公社)日本パブリックリレーションズ協会について

ニュースリリース(PDF)

 

このページの先頭へ