ニュースリリース

PR業実態調査を実施

PR業売上高(2016年度)は1,016億円
前回調査(2015年)に比べ7.2%の伸び

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会は通算6回目となるPR業実態調査を実施いたしました。
調査は204社を対象に行われ、76社から回答が得られました。
本調査は、当協会会員社と非会員社合わせて204社を対象に行われ(有効回収率は37.3%)、PR業各社の業務傾向などからPR業界の最新の潮流を探るとともに、PR業全体の売上規模を推計(※)いたしました。
PR業界全体の売上高(2016年度)は推計で1,016億円となり、調査開始以来はじめて1,000億円を超える結果となりました。前回調査時点における売上高(948億円/2014年度)に比べて、金額で約68億円、率にして7.2%の伸びを示しています。
※推計に際しては、回答が得られた各社の売上高合計を基に、PR業各社の平均従業員数などを勘案してPR業全体の売上高を推計しています。
2016年度:2016年4月~2017年3月

<PR業実態調査の概要> 

● 調査対象:公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会の会員企業156社、
非会員企業48社、計204社 
● 調査方法:郵送法 
● 回収率:37.3% 
● 調査実施時期:2017年 2月~3月 
● 調査実施機関:株式会社ハミングバード

調査の詳細はリリース全文をご覧ください。
PR業実態調査 ニュースリリース全文

■本件に関するお問い合わせ先

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会
福家・渡邉
〒106-0032  東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー5F
TEL:03-5413-6760
FAX:03-5413-2147
e-mail :mail@prsj.or.jp


2017年7月5日 |prsj
カテゴリー:ニュースリリース
このページの先頭へ