ニュースリリース

2013年度「PRアワードグランプリ」決定

2013年度「PRアワードグランプリ」決定
グランプリに株式会社TBWA博報堂・株式会社博報堂
「『土のフルコース』プロトリーフ社のコーポレートコミュニケーション」

企業・各種団体の広報部門とパブリックリレーションズ(PR)関連企業の会員で構成する公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会(略称:日本PR協会・理事長 森 健)では、PRに対する理解促進を目的とする「PRアワードグランプリ」を毎年顕彰していますが、このほど2013年度の受賞社が決定しました。
「PRアワードグランプリ」は、会員及び一般(会員外)各社から推薦・ノミネートされたPR・広報スキルの優秀な事例(作品)の中から、グランプリ1作品、部門最優秀賞4作品を選定・表彰するもので、今年のグランプリは株式会社TBWA博報堂・株式会社博報堂「『土のフルコース』プロトリーフ社のコーポレートコミュニケーション」に決定しました。

また、部門最優秀賞は、コーポレート・コミュニケーション部門が東京2020 オリンピック・パラリンピック招致委員会「東京2020 オリンピック・パラリンピック招致における戦略広報活動」、マーケティング・コミュニケーション部門がアッヴィ合同会社・エーザイ株式会社「10月29日「世界乾癬デー」啓発イベント『“美容師の卵”がはじめて学ぶ乾癬患者さんの気持ち』」、ソーシャル・コミュニケーション部門が株式会社ワカゾウ「選挙割(センキョ割)」、イノベーション/スキル部門が株式会社博報堂「「転載」を活用した中国での科学的PR手法」にそれぞれ決定しました。

なお、「PRアワードグランプリ」の表彰式は、12月3日(火)午後1時00分より六本木アカデミーヒルズ49「オーディトリアム」で行われた最終審査会終了後、同会場にて執り行いました。

《「PRアワードグランプリ」受賞社及び表彰式》

■受賞社

PRアワードグランプリ 株式会社TBWA博報堂・株式会社博報堂
「『土のフルコース』プロトリーフ社のコーポレートコミュニケーション」
コーポレート・コミュニケーション部門 最優秀賞 東京2020 オリンピック・パラリンピック招致委員会
「東京2020 オリンピック・パラリンピック招致における戦略広報活動」
マーケティング・コミュニケーション部門 最優秀賞 アッヴィ合同会社・エーザイ株式会社
「10月29日「世界乾癬デー」啓発イベント『“美容師の卵”がはじめて学ぶ乾癬患者さんの気持ち』」

ソーシャル・コミュニケーション部門 最優秀賞

株式会社ワカゾウ
「選挙割(センキョ割)」

イノベーション/スキル部門 最優秀賞

株式会社博報堂
「「転載」を活用した中国での科学的PR手法」

■選  考

特別審査員5名、各部門審査員長4名および公募の一般審査員23名の投票により決定いたしました。

【特別審査員】(順不同)
一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授 阿久津 聡氏
東京経済大学 名誉教授 猪狩誠也氏
評論家・コメンテーター 大宅映子氏
株式会社 宣伝会議 取締役副社長兼編集室長 田中里沙氏
経済産業省 商務情報政策局 文化情報関連産業課 課長補佐 仲 舎菜子氏

【各部門審査委員長】
◇コーポレート・コミュニケーション部門 審査委員長
東洋大学 経営学部経営学科 教授 井上邦夫氏
◇マーケティング・コミュニケーション部門 審査委員長
中央大学大学院 戦略経営研究科 教授 田中 洋氏
◇ソーシャル・コミュニケーション部門 審査委員長
東京経済大学 コミュニケーション学部 教授 駒橋恵子氏
◇イノベーション/スキル部門 審査委員長
江戸川大学 メディアコミュニケーション学部 教授 濱田逸郎氏

■表 彰 式

12月3日最終審査会終業後、引き続き同会場にて実施いたしました。

ニュースリリース(PDF)NewsRelease20131204.pdf(365KB)



2013年12月4日 |prsj
カテゴリー:ニュースリリース
このページの先頭へ